名古屋発“イケメンすぎるゴリラ”がハリウッドデビュー!?「ターザン」US版ポスターに登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月28日 > 名古屋発“イケメンすぎるゴリラ”がハリウッドデビュー!?「ターザン」US版ポスターに登場
メニュー

名古屋発“イケメンすぎるゴリラ”がハリウッドデビュー!?「ターザン」US版ポスターに登場

2016年7月28日 06:00

まさかの海外進出「ターザン:REBORN」

まさかの海外進出
(C) 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ハリー・ポッター」シリーズや「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(11月23日公開)のデビッド・イェーツ監督によるアクション大作「ターザン:REBORN」のUS版ポスターに、“イケメンすぎるゴリラ”として人気を博す東山動植物園(愛知県名古屋市)のシャバーニが登場していたことがわかった。

2007年にオーストラリアから来園したシャバーニは、整った顔立ちがSNSを中心に話題を呼び、AFP通信、英BBC、米CNNといった海外メディアでも紹介された。その人気ぶりはイメージDVDや公式写真集も発売されるほどで、写真集はAmazon写真集ランキング1位を記録したという。

ポスターでも最前面に配置されており、ジャングルにたたずむターザン(アレクサンダー・スカルスガルド)と妻ジェーン(マーゴット・ロビー)を守りつつ、他のゴリラたちを率いるような力強い存在感を放っている。東山動植物園の黒邉雅実動物園長は「まさか、シャバーニがハリウッド映画のポスターに起用されるとは……」と今回が初となるハリウッド映画とのコラボに驚きつつ「映画を見たあとは、東山動植物園で本物のシャバーニはもちろん、ゴリラの魅力をもっと知ってほしい」と語っている。

ターザン:REBORN」は、アフリカのコンゴの密林でゴリラに育てられ、現在は英国貴族のジョンとして暮らすターザンが、さらわれたジェーンを救うべく故郷に舞い戻り、謎の男ロム(クリストフ・ワルツ)や戦闘部族のリーダー・ムボンガ(ジャイモン・フンスー)、凶暴な動物たちと戦いを繰り広げるさまを描く。7月30日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi