「遊☆戯☆王」20周年記念映画、今秋からMX4D&4DX上映! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月23日 > 「遊☆戯☆王」20周年記念映画、今秋からMX4D&4DX上映!
メニュー

「遊☆戯☆王」20周年記念映画、今秋からMX4D&4DX上映!

2016年7月23日 18:15

MX4D&4DX上映が決定!「遊☆戯☆王」

MX4D&4DX上映が決定!
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス
/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高橋和希氏の人気漫画「遊☆戯☆王」の20周年記念作「劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」が、今秋から体感型上映システム「MX4D」「4DX」で上映されることが決定した。

4月23日から上映中の本作は、全国の公開館数が137でありながら、興行収入8億円を記録。さらに「大喝采上映」「生コメンタリー上映」などのイベント上映が人気を博し、公開から2カ月が経った現在もロングランとなっている。これらのヒットや、ファンからの「4DXで見たい」というリクエストを受け、MX4D&4DX上映が決定したという。

実松照晃プロデューサーは、「4DXやMX4Dの上映に、ものすごく合っている映画だということは最初から感じていました。決闘のシーンでの揺れや、風、フラッシュ、そして煙などのありとあらゆる体感が今作をますます盛り上げて、まさにその場にいるような臨場感を味わえることが、この映画の神髄だと思っています。それに、4DXやMX4Dのアトラクションって、海馬コーポレーションっぽいですよね」と太鼓判を押している。

カードゲームによるバトルを描いた原作漫画「遊☆戯☆王」は、1996年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載を開始。トレーディングカードブームを巻き起こし、テレビアニメ化や劇場アニメ化もされた人気作だ。高橋氏が原作・脚本・キャラクターデザイン・製作総指揮を務める今作は、完全オリジナルストーリーで原作漫画の後日譚をつづる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi