ウッディ・アレン監督の新作映画、アマゾンが出資・配給 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月22日 > ウッディ・アレン監督の新作映画、アマゾンが出資・配給
メニュー

ウッディ・アレン監督の新作映画、アマゾンが出資・配給

2016年7月22日 17:00

ウッディ・アレン監督「カフェ・ソサエティ」

ウッディ・アレン監督
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウッディ・アレン監督の新作映画を、米アマゾンの制作会社アマゾン・スタジオが全面出資して製作する方向で交渉が進められていると、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

アマゾン・スタジオは、クリステン・スチュワート出演のアレン監督作「カフェ・ソサエティ」の配給権を獲得。アメリカで限定公開されたばかりの同作は、1館当たりの平均興行収入が7万1000ドルと、「ブルー・ジャスミン」(2013)以来の好成績を記録している。

アレン監督はタイトル未定の新作映画を今秋から撮影開始する予定。同作にはケイト・ウィンスレットジャスティン・ティンバーレイクジュノー・テンプルジェームズ・ベルーシが出演する。もともと同作の配給権のみを狙っていたアマゾンは、一歩踏み込んで製作出資する方向で交渉を進めているという。

近年のアレン監督作は、プロデューサーのロナルド・L・シェエドワード・ワルソンが出資を行ってきたが、交渉がまとまればアマゾンが出資・配給を一貫して取り扱うことになる。ちなみに、アレン監督作の1作当たりの製作費は2000万ドルから3000万ドルといわれている。

ブルージャスミン[Blu-ray/ブルーレイ] ブルージャスミン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 ウッディ・アレン監督が初タッグとなるケイト・ブランシェットを主演に、上流階級から転落したヒロインが再起をかけて奮闘し、苦悩する姿を描いたドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi