上野樹里主演「お父さんと伊藤さん」のEDテーマはユニコーンの新曲!予告編も公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月21日 > 上野樹里主演「お父さんと伊藤さん」のEDテーマはユニコーンの新曲!予告編も公開
メニュー

上野樹里主演「お父さんと伊藤さん」のEDテーマはユニコーンの新曲!予告編も公開

2016年7月21日 08:00

ユニコーンがエンディングテーマを担当!「お父さんと伊藤さん」

ユニコーンがエンディングテーマを担当!
(C)中澤日菜子・講談社/
2016映画「お父さんと伊藤さん」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 上野樹里が主演する、タナダユキ監督の新作「お父さんと伊藤さん」のエンディングテーマがユニコーンの新曲「マイホーム」に決定した。あわせて、同曲を収録した予告編も公開された。

中澤日菜子氏の同名小説を「百万円と苦虫女」「ロマンス」のタナダ監督が映画化。34歳の書店員・彩と給食センターでアルバイト中の54歳のバツイチ男性・伊藤さんが同棲するアパートに、彩の父親が転がり込んでくる。3人の奇妙な共同生活、父がやってきた本当の理由とその裏に潜む“家族の問題”を描く。マイペースに生きる主人公・彩を、「陽だまりの彼女」以来3年ぶりの主演となる上野が演じるほか、伊藤さんをリリー・フランキー、爆弾のように激しい性格の彩の父を藤竜也が担う。

中学時代から同バンドのファンだったというタナダ監督は、「伊藤さんくらいの世代のアーティストの方の声で、どこか遠くで見守っている感じの曲がいいんじゃないかな、と。ままならない人たちをままならないまま受け止めてくれる、でも優しいだけじゃない目線のある曲だと思います」と同曲の魅力を熱弁。そのうえで「今でも信じられず、とても幸せです」と喜びを爆発させた。また、ボーカル&ギターの奥田民生は、同曲の印象を「歌詞のついていないタイミングで、ほのぼのとした感じがしましたね」と語っている。

予告編は、3人が共同生活を始める場面から幕が上がる。最初はぎくしゃくしていたが、次第に伊藤さんと父の間には不思議な友情が芽生え、3人はひとつの家族のようになっていく。だが、父が突然姿を消してしまったことから事態は一変。彩は、ある“家族の問題”に直面し、「嫌だよ。お父さんと伊藤さんどっちか選ばなきゃなんて」と苦悩する。軽妙でユーモアあふれるやりとりが笑いを誘うとともに、キャスト陣の熱演ぶりを垣間見ることが出来る。

お父さんと伊藤さん」は10月8日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

百万円と苦虫女[DVD] 百万円と苦虫女[DVD] 最安価格: ¥3,926 百万円を貯める度に引越しをし、その行く先々の街で様々な人々と出会い、笑ったり、怒ったり、また恋をしながら自身の生き方を模索する一人の女性を描く。
ロマンス[DVD] ロマンス[DVD] 最安価格: ¥3,169 「紙の月」で高い評価を受けた大島優子の6年ぶりの主演映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi