飯伏幸太、初主演映画の演技は“チェリーボーイ”誘惑シーンで「変な感じになった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月16日 > 飯伏幸太、初主演映画の演技は“チェリーボーイ”誘惑シーンで「変な感じになった」
メニュー

飯伏幸太、初主演映画の演技は“チェリーボーイ”誘惑シーンで「変な感じになった」

2016年7月16日 20:05

舞台挨拶に駆けつけた飯伏幸太ら「大怪獣モノ」

舞台挨拶に駆けつけた飯伏幸太ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] プロレスラーの飯伏幸太が7月16日、初主演映画「大怪獣モノ」の初日舞台挨拶を共演の河西美希赤井沙希河崎実監督とともに東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行った。

飯伏は米国遠征からこの日帰国したばかりで、舞台挨拶が始まって10分ほどたってから飛び込みで参加。「皆さんの感想が聞きたい」と呼びかけると、満場のファンから絶賛の拍手が返り「うれしいです」と安どの表情を浮かべた。

しかし、演技は初挑戦だったため「恥ずかしい」を連発。同じく映画初出演だった河西に、「とても緊張したけれど、飯伏さんの方が緊張して『無理です』『ヤバい』みたいな感じだったのでやりやすかった」と言われる始末だ。

特に、3月まで所属したプロレス団体「DDT」で同僚だった女子プロレスラーの赤井沙希に誘惑されるシーンでは、「レスラーとして試合をしていても、あんなに近づいたことがなかったので、ラブシーンではないが変な感じになった」と照れることしきり。その赤井は、「監督が飯伏さんに、『君はまだ、チェリーボーイだから』という演技指導をしていた」と暴露し、会場の笑いを誘った。

河崎監督が、「綿密に演技指導したからね。欲情したんだろう」と悪ノリ。それでも、芝居を重ねるにしたがって上達したことを明かすと、飯伏も「うまくなったんすよお」と自画自賛。そして、大怪獣モノとの格闘シーンではレスラーとしての本領を発揮し「久々に本気で、蹴ったり殴ったりして気持ち良かった」と満足げだった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi