「蜘蛛女のキス」ヘクトール・バベンコ監督70歳で死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月15日 > 「蜘蛛女のキス」ヘクトール・バベンコ監督70歳で死去
メニュー

「蜘蛛女のキス」ヘクトール・バベンコ監督70歳で死去

2016年7月15日 17:00

ブラジルの名匠ヘクトール・バベンコ監督「蜘蛛女のキス」

ブラジルの名匠ヘクトール・バベンコ監督
Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「蜘蛛女のキス」(1985)でアカデミー賞監督賞にノミネートされた、ブラジルの名匠ヘクトール・バベンコ監督が7月13日(現地時間)、心臓発作のためブラジル・サンパウロの病院で死去した。享年70歳だった。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、バベンコ監督の製作会社HBフィルムズが認めたという。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のバベンコ監督は、数年間ヨーロッパに滞在した後、69年からサンパウロで活動。「傷だらけの生涯」(77)や、脚本を兼ねた出世作「ピショット」(81)などで、ブラジルの社会問題を深く掘り下げてきた。

南米の刑務所を舞台に同房の政治犯と同性愛者の交流を描いた「蜘蛛女のキス」ではアカデミー賞で作品賞・監督賞を含む4部門にノミネートされ、主演のウィリアム・ハートに主演男優賞をもたらした。「黄昏に燃えて」(87)では、主演のジャック・ニコルソンメリル・ストリープが、それぞれオスカー候補となった。

カンヌ国際映画祭とも縁が深く、「蜘蛛女のキス」をはじめ、「Corazon iluminado (英題:Foolish Heart)」(98)、「カランジル」(03)がコンペティション部門に出品。ウィレム・デフォー主演で、死期の迫った映画監督の物語を描いた「My Hindu Friend(原題)」(15)が遺作となった。

蜘蛛女のキス スペシャル・エディション[DVD] 蜘蛛女のキス スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: - ブエノスアイレスの刑務所を舞台に、同じ監房に入れられたテロリストの男とホモセクシュアルの男との愛を綴る衝撃のドラマ。
カランジル コレクターズ・エディション[DVD] カランジル コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 定員オーバーの刑務所内で突然暴動が発生。完全武装した警察が出動したが、それが大虐殺の始まりとなった。 実話に基づいたバイオレンス・ムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi