マーガレット・アウトウッドの傑作小説「またの名をグレイス」、サラ・ガドン主演でドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月10日 > マーガレット・アウトウッドの傑作小説「またの名をグレイス」、サラ・ガドン主演でドラマ化
メニュー

マーガレット・アウトウッドの傑作小説「またの名をグレイス」、サラ・ガドン主演でドラマ化

2016年7月10日 21:30

サラ・ガドン「複製された男」

サラ・ガドン
Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1996年に出版されたカナダ人作家マーガレット・アウトウッドの傑作小説「またの名をグレイス」を、ネットフリックスでドラマ化するミニシリーズに、カナダ人女優サラ・ガドンが主演することがわかった。

ガドンは、ドゥニ・ビルヌーブ監督「複製された男」や、デビッド・クローネンバーグ監督「コズモポリス」「マップ・トゥ・ザ・スターズ」に出演している注目の女優。米ハリウッド・レポーターによれば、ドラマ版「またの名をグレイス」は、カナダ人監督・女優のサラ・ポーリー(「テイク・ディス・ワルツ」「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」)が脚本・制作総指揮を務める。

原作「またの名をグレイス」は、1843年にカナダで実際に起きた殺人事件が題材で、同国犯罪史上最も悪名高い女性犯グレイス・マークスを描いている。美貌のグレイスは同じく使用人のジェームズ・マクダーモットとともに、雇い主であるトーマス・キニアと彼の愛人ナンシー・モンゴメリーを惨殺し、有罪判決を受けた。ジェームズはすぐさま死刑が確定したが、当時16歳だったグレイスは終身刑に減ぜられ、約30年服役した。この事件は当時、人々の好奇心を駆り立て、グレイスは実際に犯行に及んだのか、それとも殺害をそそのかしたのか、論争を巻き起こした。

ドラマは、「アメリカン・サイコ」のカナダ人監督メアリー・ハロンがメガホンをとり、ガドンがグレイス役を演じる。カナダ・オンタリオで8月にクランクイン。放送日はまだ決定していない。

複製された男[Blu-ray/ブルーレイ] 複製された男[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,966 ジェイク・ギレンホール主演“脳力”が試される、究極の心理ミステリー。
コズモポリス スチールケース仕様【初回数量限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] コズモポリス スチールケース仕様【初回数量限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,506 男は、自らを待つ死を知らなかった―。巨万の富と女にまみれた若き投資家の、栄光と破滅の24時間を描く、極上サスペンススリラー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi