葛城家の“ソウルフード”はコンビニ弁当!「葛城事件」本編映像にみる、ゆがんだ家族像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月8日 > 葛城家の“ソウルフード”はコンビニ弁当!「葛城事件」本編映像にみる、ゆがんだ家族像
メニュー

葛城家の“ソウルフード”はコンビニ弁当!「葛城事件」本編映像にみる、ゆがんだ家族像

2016年7月8日 12:00

食事シーンの多さも本作の特徴「葛城事件」

食事シーンの多さも本作の特徴
(C)2016「葛城事件」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 劇団「THE SHAMPOO HAT」を率いる赤堀雅秋が、「その夜の侍」(2012)に続いて自身が手がけた舞台を映画化した「葛城事件」(公開中)の本編映像集が、公開された。登場人物たちの食事シーンに焦点を当てている。

映画は、次男の稔(若葉竜也)が無差別殺傷事件を起こし、葛城一家が崩壊に至るまでの道のりをたどっていく。家族に威圧的に接する葛城清(三浦友和)、清に支配されるがままの生活を送る妻・伸子(南果歩)、リストラされたことを打ち明けられない長男・保(新井浩文)、鬱屈した思いをくすぶらせるニート・稔の関係が徐々にゆがんでいき、やがて伸子が家出をしたことから家族に危機が訪れる。田中麗奈が、死刑制度反対の立場から稔と獄中結婚する星野を演じる。

後味の悪さが売りの本作だが、それぞれの食事シーンも異様な雰囲気に包まれており、各キャラクターの“闇”を反映していると見ることもできる。映像では、閉め切った自室のベッドでコンビニ弁当を食べ、窓から見える近所の住人に「暇なヤツら。他にすることないのかよ」と毒づく稔の様子や、リビングにいる伸子が、電話が鳴っても黙々とコンビニ弁当をほおばる姿など、個々人の孤独感を見る者に印象付けるシーンが切り取られている。

高圧的な清に耐えかねて家を飛び出した伸子が、アパートで稔・保と惣菜を食べながら“最後の晩さん”について自嘲気味に語り合う光景や、稔が殺傷事件を起こす直前、包丁を隠し持って出かける際の伸子の食事シーンも収められており、家族の団らんの場である“温かな食卓”から遠く離れた現状に、葛城家に染みついた不協和音が感じ取られる内容になっている。

その夜の侍[Blu-ray/ブルーレイ] その夜の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 堺雅人×山田孝之が理性を超えた極限の演技で魅せる究極の復讐劇。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi