“ドーピング疑惑のチャンピオン”はどうやってバレた?衝撃の本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月8日 > “ドーピング疑惑のチャンピオン”はどうやってバレた?衝撃の本編映像公開
メニュー

“ドーピング疑惑のチャンピオン”はどうやってバレた?衝撃の本編映像公開

2016年7月8日 17:00

使命感に燃える記者が、 チャンピオンの裏の顔を暴いていく「疑惑のチャンピオン」

使命感に燃える記者が、
チャンピオンの裏の顔を暴いていく
PHOTO BY LARRY HORRICKS (C)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長年にわたるドーピングにより自転車競技界から永久追放を受けた、元ロードレース選手ランス・アームストロングの栄光と転落の人生を映画化した「疑惑のチャンピオン」(公開中)の特別映像が、公開された。映画の原作者で、劇中ではアームストロングを追いつめるキャラクターとして描かれるイギリスのサンデー・タイムズ紙記者デビッド・ウォルシュクリス・オダウド)の登場シーン集で構成されている。

1993年にサイクルロードレースの最高峰「ツール・ド・フランス」に初出場したアームストロング(ベン・フォスター)が、重度のがんを克服し、前人未到のツール7冠という偉業を成し遂げた裏で、薬物投与を繰り返し世界をあざむいていたスキャンダラスな実話を赤裸々に描く。

本編映像では、アームストロングのドーピングを疑うウォルシュが、アームストロングの不正をスクープする記事を世に出そうと奔走する様子が描かれる。上司は世界的スターとなったアームストロングをおとしめる内容に難色を示し「ちゃんとした裏づけが(あるのか)? 報道の基本だぞ」と慎重な構えを見せるが、ウォルシュはスポーツ医学の権威でありながらドーピング・プログラムを推進する“血液ドーピングのゴッドファーザー”ミケーレ・フェラーリ(ギョーム・カネ)とアームストロングの黒いつながりを指摘。地道な調査でつかんだ情報を切り札に、アームストロングが君臨する自転車協議会の闇にメスを入れようとする。

ウォルシュの記事は各方面に波紋を呼び、ランスが所属する自転車メーカー・USポスタルと契約を結んでいる保険会社の代表ボブ・ハーマン(ダスティン・ホフマン)が「ツールと同様、我々もだまされてる」と発言するなど、アームストロングを英雄視していた世間の風向きが次第に変わっていくさまも描かれている。

疑惑のチャンピオン」は、「クィーン」「あなたを抱きしめる日まで」のスティーブン・フリアーズ監督がメガホンをとった。

あなたを抱きしめる日まで[DVD] あなたを抱きしめる日まで[DVD] 最安価格: ¥3,285 名優ジュディ・デンチ主演×アカデミー賞受賞チームで贈る、実話をもとに描かれ世界中で感動を呼んだ、ある母の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi