ジョニー・デップ、アンバー・ハードに捧げたタトゥーを“ゲス”に修正 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月5日 > ジョニー・デップ、アンバー・ハードに捧げたタトゥーを“ゲス”に修正
メニュー

ジョニー・デップ、アンバー・ハードに捧げたタトゥーを“ゲス”に修正

2016年7月5日 12:00

愛を誓ったはずなのに……

愛を誓ったはずなのに……
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優アンバー・ハードとの離婚協議が泥沼化している俳優ジョニー・デップが7月1日(現地時間)、バンド「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」のジョー・ペリーと一緒にいるところをパパラッチされた。

その際にメディアが注目したのは、デップのタトゥーだ。米アス誌によれば、デップの右手の指にはこれまで、ハードのニックネームである「SLIM」のタトゥーが入っていたが、そのスペルが“ゲスな奴”を意味する「SCUM」に修正されていた。また、右上腕に入っていたハードの姿と思われる女性のタトゥーも、黒く塗りつぶされていたという。ちなみにデップが過去、女優ウィノナ・ライダーと交際していた時に入れたタトゥー「Winona Forever」を、破局後に「Wino Forever(一生飲んだくれ)」と修正したエピソードは有名だ。

ハードは今年5月23日に離婚を申請し、デップからのDV被害を主張。2人はプレナップ(婚前契約書)を交わしていなかったことから、ハードは夫婦関係にあった15カ月の間に2人が稼いだ金額の半分を所有する権利を有し、その額は2000〜3000万ドル(約21〜32億円)に及ぶと言われている。デップはDV疑惑について無言を貫いているが、元パートナーのバネッサ・パラディ、娘のリリー=ローズ・デップ、元恋人のライダー、そして友人たちはデップを擁護している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi