千葉雄大、清水富美加の欠席に「恋しい」とガックリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月2日 > 千葉雄大、清水富美加の欠席に「恋しい」とガックリ
メニュー

千葉雄大、清水富美加の欠席に「恋しい」とガックリ

2016年7月2日 18:30

相手役不在を嘆いた千葉雄大「全員、片想い」

相手役不在を嘆いた千葉雄大
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」とFMヨコハマの共同企画で生まれたオムニバス映画「全員、片想い」が7月2日、全国29スクリーンで公開初日を迎えた。各話に出演した伊藤沙莉中川大志森絵梨佳桜田通広瀬アリス斎藤工知英、TAKUYA、新川優愛志尊淳千葉雄大橋本マナミ横浜流星加藤雅也、主題歌を手がけた黒木渚らが、東京・新宿バルト9での舞台挨拶に出席した。

今作は“片思い”がテーマの8作品で構成。「あさはんのゆげ」に出演した千葉は、「ひと夏を通して、いとこ同士の関係が変化していくのを楽しんでいただけると思います。これからの季節にぴったりです」と控えめに挨拶。この日はヒロイン役の清水富美加は欠席だっただけに、「こんなに清水富美加を恋しいと思った日はない。皆(ペアで)しゃべっていて、うらやましいな」と肩を落とし、「すごく元気な子で、お互い日本史が好きだとわかったので、合間はお酌ごっこなどをやりました。花火をして夏を感じたり、和気あいあいとした楽しい現場でした」と振り返っていた。

さらに「サムシングブルー」の斎藤は、センターに陣取ったものの「立ち位置は政治的な問題ではなく、たまたまここになってしまった。本来なら(舞台袖に置かれた)笹よりも外にいるべきだと思っております。笹よりも役に立たないと思っています」と自虐的に謝罪。そして初共演した広瀬を引き合いに出し「広瀬アリスに酔いしれてください」とアピールしたが、当の広瀬は「すみませんでした……」と恐縮しきり。斎藤は「『サムシングブルー』、謝ってばっかりだね」と苦笑いを浮かべていた。

また七夕が近いことにちなみ、登壇陣には「短冊に何を書く?」と質問が。すると広瀬が「さっき斎藤さん、『(ネタが)ある』って言っていましたよね」と水を向けたが、斎藤は「言っていないです。伊藤沙莉さんがあるって言っていたよね」とキラーパスを出した。「悪魔ですね」とタジタジの伊藤が「素敵な人と過ごしたい」と絞りだしたが、会場の反応はイマイチ。加藤から「そういう時はさ、この映画がヒットするようにと言えば、うまくいくんだよ」とダメ出しされた伊藤は、「もう今日は『全員、敵』です」と悲鳴をあげていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi