ケイト・ウィンスレット、ウッディ・アレン監督次回作に初参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月1日 > ケイト・ウィンスレット、ウッディ・アレン監督次回作に初参加
メニュー

ケイト・ウィンスレット、ウッディ・アレン監督次回作に初参加

2016年7月1日 19:30

ケイト・ウィンスレット「教授のおかしな妄想殺人」

ケイト・ウィンスレット
Photo by Gregg DeGuire/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英女優ケイト・ウィンスレットが、ウッディ・アレン監督・脚本の次回作に出演するようだ。米バラエティによれば、ウィンスレットは契約交渉の最終段階だという。

新作のタイトル及びプロットなど詳細は伏せられているが、今秋クランクインすることが明らかになっている。キャリア20年超のウィンスレットだが、アレン監督作に出演するのはこれが初めてとなる。

アレン監督は、ホアキン・フェニックスエマ・ストーン主演のコメディ「教授のおかしな妄想殺人」が日本公開中だ。また、今年のカンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された、ジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワート主演の新作「カフェ・ソサエティ」が7月15日から米公開。ウィンスレットは、ケイシー・アフレックキウェテル・イジョフォーノーマン・リーダスウッディ・ハレルソンと共演したクライムアクション「トリプル9 裏切りのコード」(ジョン・ヒルコート監督)が日本公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi