米国の人気TCG「Force of Will」劇場アニメ化 国内外の著名クリエイター&スタジオが参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月30日 > 米国の人気TCG「Force of Will」劇場アニメ化 国内外の著名クリエイター&スタジオが参加
メニュー

米国の人気TCG「Force of Will」劇場アニメ化 国内外の著名クリエイター&スタジオが参加

2016年6月30日 23:30

アメリカで人気のトレーディングカードゲーム「カクレンボ」

アメリカで人気のトレーディングカードゲーム
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカで第4位のシェアを誇るトレーディングカードゲーム「Force of Will」のアニメ化が決定した。それぞれにテイストが異なる約15分の短編アニメーション6作品から構成されるオムニバス長編映画「Force of Will the Movie」として製作され、公開は2018年を予定。以後も新作を展開していくという。

参加クリエイターには、「九十九」でアカデミー短編アニメーション賞にノミネートされた森田修平ら著名アーティストや気鋭のスタジオが結集。クトゥルフ神話をベースに、少女が見る虚構と現実を描く「Cthulthu」は、「カクレンボ」で脚光を浴びたYAMATO WORKSが製作予定で、監督を森田が務め、キャラクターデザインを「武器よさらば」の田中達之が担当する。

ジョーカー・ゲーム」で3DCGIを担当しているサブリメイションは、「ガッチャマンクラウズ インサイト」の須貝真也を監督、「惡の華」の島村秀一をキャラクターデザイン、「機動戦士ガンダム00」の柳瀬敬之をメカニックデザインに迎え、ゾンビを題材としたストーリー「Zombie」を製作予定。「ランプぼうやとくらやみとしょかん」をはじめとした絵本アプリで好評を博すGranSky Studiosが、鈴木麻紀子を監督&キャラクターデザインに迎え、ファンタジックな親と子の感動の物語を描くオリジナル童話「Dragon」を、京都学園大学のCM「アサギマダラの夢」で知られる森江康太は、監督・脚本・CG制作を一手に担い、ピノキオの物語「Pinocchio」を製作する。


画像2

[拡大画像]

また、日本のアニメーションスタジオのみならず、海外のスタジオが参加している点も同プロジェクトの特色のひとつ。台湾のCGプロダクション・TWR Entertainmenは、「西遊記」を下敷きとした「Monkey King」を、「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」の林祐一郎を監督に、「マクロスΔ」の天神英貴をキャラクターデザインに迎えて製作。タイのRiFF Studioは、ヒンドゥー教2大叙事詩のひとつ「ラーマヤーナ」を新解釈したスペースラブストーリー「RAAM‐THE BRIDGE TO LANKA‐」を自社初のオリジナル作品として手がける。

なお、同プロジェクトは、6月18日までフランスで開催中のアヌシー国際アニメーション映画祭の併催となる国際見本市・MIFAで情報を公開している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi