AKB48横山由依、5作目ドキュメンタリーに決意新た「もっと前に進めていきたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月30日 > AKB48横山由依、5作目ドキュメンタリーに決意新た「もっと前に進めていきたい」
メニュー

AKB48横山由依、5作目ドキュメンタリーに決意新た「もっと前に進めていきたい」

2016年6月30日 17:00

「AKB48」5作目のドキュメンタリー「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」

「AKB48」5作目のドキュメンタリー
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アイドルグループ「AKB48」の5作目となるドキュメンタリー映画「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」のプレミア上映会が6月30日、東京・台場のシネマメディアージュで行われ、横山由依渡辺麻友小嶋陽菜らメンバー12人が舞台挨拶に立った。

前作から約2年ぶり、今月18日に行われたAKB選抜総選挙までにグループで起こったさまざまな出来事に密着。4月に卒業した高橋みなみから総監督を引き継いだ横山は、「初めて1人目にしゃべるのでドキドキしています。2年でメンバーもがらりと変わって、いろんな変化がありました。若いメンバーもたくさん出て来て、引き続きAKBをもっと前に進めていきたい気持ちになりました」と決意を新たにした。

柏木由紀は、「今まで以上にメンバーの覚悟、挑戦、挫折が多いけれど、ポジティブに描かれているので、将来につながる。AKBを応援したいと思ってくれるはず」と自信の笑顔。同期の仲川遥香が、移籍したインドネシアのJKT48で活躍する映像もあり「一番、ガキみたいな子だったので想像できない。頼もしい」と意外な表情。仲川が20本近いCMに出演していることを聞かされた同じく同期の渡辺は、「ある意味、一番出世。誇らしい」と称えた。

総選挙で卒業を発表して以来の公の場となった小嶋だが、「卒業を意識したのは何年か前。卒業に片足を突っ込みながら活動していたので、そんなに変化がない」と相変わらずのマイペース。だが、同期の峯岸みなみは、「主要メンバーが卒業するたびに思うけれど、自分の中で新しいAKBが始まるドキドキと寂しいような気持ちがある」と複雑な胸中を明かしていた。

舞台挨拶にはほかに入山杏奈大和田南那木崎ゆりあ込山榛香島崎遥香宮崎美穂向井地美音が登壇した。

横山が、「劇場に足を運んでくれるファンがいるからこそ、私たちは存在する。その理由をこれからも探し続けていく」という「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」は、7月8日から全国で公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi