河崎実監督「大怪獣モノ」は「シン・ゴジラ」に便乗!「それ以外何もない」ときっぱり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月28日 > 河崎実監督「大怪獣モノ」は「シン・ゴジラ」に便乗!「それ以外何もない」ときっぱり
メニュー

河崎実監督「大怪獣モノ」は「シン・ゴジラ」に便乗!「それ以外何もない」ときっぱり

2016年6月28日 14:00

「大怪獣モノ」に蹴りを 入れる飯伏幸太(左)と河崎実監督「大怪獣モノ」

「大怪獣モノ」に蹴りを
入れる飯伏幸太(左)と河崎実監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「いかレスラー」「地球防衛未亡人」などで知られる異才・河崎実監督の最新作「大怪獣モノ」の完成披露試写会が6月27日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷であり、河崎監督と主演を務めたプロレスラーの飯伏幸太、共演の斉藤秀翼河西美希赤井沙希が舞台挨拶に立った。河崎監督は本作製作の経緯を「『シン・ゴジラ』の便乗ですね。それ以外何もないです!」ときっぱり言い放ち、会場を笑わせた。

現役プロレスラーの飯伏が巨大化し、怪獣とバトルを繰り広げる特撮映画。東京に出現し、首都を蹂躙(じゅうりん)する「大怪獣モノ」に手をこまねいていた防衛省は、バイオ研究の第一人者である西郷博士に助けを求める。博士に万能細胞「セタップX」を投与された助手の新田は、身長40メートルの超人に変身し、大怪獣モノに立ち向かう。

河崎監督は「現役レスラーがガチで怪獣をリンチする映画。みなさん驚愕しますから」「セタップ細胞とか時事ネタをぶっ込んで2016年しか通用しない映画。真剣にバカをやるのが僕のスタイル。狂いまくっています」と笑いが満載の作品のテイストを説明した。

演技経験がないのにもかかわらず、映画初主演という大役を務めた飯伏は「演技自体が初めてだったので、セリフを覚えたりが一番大変だった。プロレスと演技がリンクしている部分があったので、プロレスのためにもなったし、今後のために非常に良い経験になった」といい、「怪獣と闘うのは初めて。監督が狂っているのが、そこが一番楽しかった」とギャグ満載の現場を振り返った。

モデルでプロレスラーとしても活躍する赤井は、劇中キレのいいアクションを披露。「普段殴る蹴るはやっているので、プロレスがお芝居に生きたかな。すごく楽しかった。今後もアクションのお仕事があったらやりたい」と意欲をのぞかせ、飯伏とのラブシーンについては「照れたら負けなので、試合と同じくらい気合を入れた」と明かした。

大怪獣モノ」は7月16日からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

地球防衛未亡人[DVD] 地球防衛未亡人[DVD] 最安価格: ¥3,036 突如、三角諸島に飛来した謎の隕石から宇宙怪獣ベムラスが出現!
いかレスラー[DVD] いかレスラー[DVD] 最安価格: ¥3,292 不治の病から、いかになって蘇ったレスラーの愛と闘いの日々を描いたコメディ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi