「デアデビル」主演俳優、ハン・ソロ役オーディションに落ちた理由を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月27日 > 「デアデビル」主演俳優、ハン・ソロ役オーディションに落ちた理由を告白
メニュー

「デアデビル」主演俳優、ハン・ソロ役オーディションに落ちた理由を告白

2016年6月27日 12:00

チャーリー・コックス「デアデビル」

チャーリー・コックス
写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーベル原作のテレビドラマ「デアデビル」で主人公のマット・マードックことデアデビルを演じているチャーリー・コックスが、「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画でハン・ソロ役のオーディションを受けていたことを明らかにした。

同作は、12月16日公開の「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に次ぐスピンオフ第2弾。シリーズ1作目「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」より前の時代を舞台に、若き日のハン・ソロの活躍を描く。主役をめぐっては、有名無名を問わず2500人以上がオーディションに応募し、最終的には「ヘイル、シーザー!」のオールデン・エアエンライクに決定しているが、コックスもオーディションを受けていたという。ハリウッド・レポーター誌の取材に対し、「徹底した秘密主義で彼らは何の作品かは言わなかったけど、ハン・ソロのリブート作品であることは明らかだったよ」と振り返る。

イギリス俳優のコックスは、「ボードウォーク・エンパイア」のゲスト出演や「博士と彼女のセオリー」の端役を経て、「デアデビル」で初の主役を務める。盲目のスーパーヒーロー役は高い評価を得ているが、デアデビルを演じたことがオーディションで裏目に出たと明かす。

「オーディションの途中でキャスティング・ディレクターに止められたんだ。『なんで私のことを見て演技をしないの?』とね。そのとき、視線を合わせずに演技をする習慣がついてしまっていることに気づいた。なにしろ2年ものあいだ、ずっと盲目のキャラクターだけを演じていたからね」

その後、同ディレクターからの連絡は途絶えたという。そんなコックスだが、現在はニューヨークのオフブロードウェイの舞台劇「インコグニート」に出演。いまでは視線を合わせることにも慣れ、「人の目を見て話ができるのは楽しいね」と語っている。

なおコックスは、デアデビル役としてジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジ、アイアン・フィストといったヒーローと共演するミニシリーズ「ディフェンダーズ」へのレギュラー出演が決まっている。

博士と彼女のセオリー[Blu-ray/ブルーレイ] 博士と彼女のセオリー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,375 理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士の50年分の半生を描く、心揺さぶる愛の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi