「SW フォースの覚醒」ジョン・ボヤーガ、キャスリン・ビグロー新作に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月23日 > 「SW フォースの覚醒」ジョン・ボヤーガ、キャスリン・ビグロー新作に出演
メニュー

「SW フォースの覚醒」ジョン・ボヤーガ、キャスリン・ビグロー新作に出演

2016年6月23日 12:00

ジョン・ボヤーガ「スター・ウォーズ フォースの覚醒」

ジョン・ボヤーガ
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のフィン役でブレイクしたジョン・ボヤーガが、キャスリン・ビグロー監督によるデトロイト暴動を題材にした新作に出演することが決定した。

ビグローが「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」に続いて脚本家マーク・ボールとタッグを組む作品で、タイトルは未定。1967年7月、米ミシガン州デトロイトの無免許酒場に警察が踏み込んだことをきっかけに、アフリカ系アメリカ人による大規模な暴動が発生し、5日間に渡って白人警官と激しく衝突した事件をもとに人種差別問題を描く。米Deadlineによれば、今夏撮影に入り、デトロイト暴動から50周年を迎える2017年に全米公開が予定されている。

ボヤーガは先日、「パシフィック・リム」(ギレルモ・デル・トロ監督)の続編に主演することが決まったばかり。同作のストーリーは不明だが、前作でイドリス・エルバが演じたキャラクターの息子役を演じるという。また、トム・ハンクスエマ・ワトソンが共演する話題作「ザ・サークル(原題)」にも出演。現在は「スター・ウォーズ エピソード8」を撮影中だ。

【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] 【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 「ハート・ロッカー」(兵隊用語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味する)は、高度な専門テクニックと冷静沈着な判断力を求められる爆弾処理班の若き米兵士3人を主人公に、2004年の夏、バグダッド郊外での彼らの38日間の任務を追う戦争アクション映画。
ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,302 史上最も過酷な作戦に投入された、20代の女性マヤ。ビンラディン搜索に全てを捧げた彼女の、想像を絶する想いとは―。『ハート・ロッカー』の監督×脚本家が、ビンラディン暗殺の真実に迫る衝撃の実話。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi