VFX技術はここまで来た!特別映像が明かす「ウォークラフト」でILM社が見せた本気 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月22日 > VFX技術はここまで来た!特別映像が明かす「ウォークラフト」でILM社が見せた本気
メニュー

VFX技術はここまで来た!特別映像が明かす「ウォークラフト」でILM社が見せた本気

2016年6月22日 12:00

オークの造形には最新技術が注ぎ込まれている「ウォークラフト」

オークの造形には最新技術が注ぎ込まれている
(c) 2016 legendary and universal studios
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「月に囚われた男」や「ミッション:8ミニッツ」のダンカン・ジョーンズ監督が、最多登録者数のギネス記録を持つ人気オンラインゲームを映画化した「ウォークラフト」の映像表現に迫った特別映像が公開された。

長く平和を築いていた剣と魔法の世界“アゼロス”に、オークたちの軍勢が侵入してくる。両者はいがみ合い全面戦争の危機にひんするなか、アゼロスの騎士ローサー(トラビス・フィメル)とオークの戦士デュロタン(トビー・ケベル)は、両種族が共存する道を模索する。世界累計興行収入3億7800万ドルのヒットを記録しているほか、中国では外国映画史上最速で興収10億元(約160億円)を突破した。

本作の特殊効果は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(15)などのILM社が担当している。映像では、ダンカン監督が「最重要課題」というオーク族のビジュアルをどのように作り上げていったかが明かされる。ILMのVFXチームは、微妙な表情の表現に限界がある特殊メイクではなく、顔のフェイシャル・キャプチャーを進化させた新たな方法に挑戦。デュロタンを演じたケベルの表情から徹底的にデータを集め、まばたきや口角の動き、目の揺らぎといった微細な動きをキャラクターに埋め込んでいった。

さらに、“ヘアクラフト”という毛専門の技術を採用し、オーク族の毛髪の細部にわたるまで検討を重ね、実写と見まがうような完成度に仕上げた。ダンカン監督は「魂を込めて撮ったよ。“CG界の神”ILM社が協力した。ILM社には素晴らしい歴史がある。彼らはまさに映画の最先端だよ」と手放しで称賛。「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(12)で第85回アカデミー賞視覚効果賞を受賞し、本作のVFX監修を務めたビル・ウェステンホファーも「ILM社は1番さ」と語っている。

ウォークラフト」は、7月1日から全国公開。

月に囚われた男[Blu-ray/ブルーレイ] 月に囚われた男[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 デヴィッド・ボウイの実息、ダンカン・ジョーンズデビュー作品となる傑作SFミステリー!
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX(初回版)[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX(初回版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,500 SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズ前作から約10年ぶりの公開となった第7作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi