「アリス・イン・ワンダーランド」ミア・ワシコウスカ来日!和のおもてなしに感激「今までで1番美しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月20日 > 「アリス・イン・ワンダーランド」ミア・ワシコウスカ来日!和のおもてなしに感激「今までで1番美しい」
メニュー

「アリス・イン・ワンダーランド」ミア・ワシコウスカ来日!和のおもてなしに感激「今までで1番美しい」

2016年6月20日 14:35

和のおもてなしを堪能!「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」

和のおもてなしを堪能!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」をもとに描いた大ヒットファンタジーの続編「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」の来日お茶会見が6月20日、東京・六本木のリッツカールトン東京で行われ、出演のミア・ワシコウスカジェームズ・ボビン監督、プロデューサーのスザンヌ・トッドが出席した。

この日の会見はお茶会をイメージし、登壇陣の席には日本各地の菓子や茶器が並べられ、場内はカラフルな障子や屏風で飾り付けられた。ワシコウスカは、色鮮やかな茶器や菓子を手に取ると「ビューティフル! ディティールが素晴らしい!」と喜びの声をあげる。トッド氏も、「世界中でこういったお茶会見を行ったが、今までで1番美しい」とニッコリ。ボビン監督にいたっては「マッドハッターのお茶会みたいだね」とはしゃぎ、菓子を口に頬張ると「デリシャス!」とほほ笑むなど、終始ご機嫌だった。

バートンがプロデューサーとして参加した今作は、悲しい過去にとらわれたマッドハッター(ジョニー・デップ)を救うため、時間をさかのぼる旅に出るアリス(ワシコウスカ)の姿を描く。約6年ぶりの新作となるが、アリスの成長について問われたワシコウスカは「1作目では、アリスは自分自身を見つけていない。でも今作では経験を重ねてきて、力を得た。自信もある」。アリスの変化や成長に自身を重ね合わせていたそうで、「私もたくさんの映画に携わり、学んだ。仕事について学び、より深い理解を持つことができた。アリスの道のりと私自身の道のりがかぶっていた。それを今作の演技に生かせた」と明かした。

一方、バートンからメガホンを引き継いだボビン監督は、前作との変化を「ティム・バートンが前作で作り挙げた美しい世界が土台であり、基礎にある」といい、そのうえで「今回は1作目とは時間が異なる。地理的にも異なるので、自分が好きな設定や設計を組み込んだ。アリスの原作本のイラストに影響を受けていたので、その要素を取り入れたいと思った」と説明。原作「鏡の国のアリス」とストーリーが異なる点を指摘されたが、「鏡も出てくるし、原作のキャラクターを取り入れている。原作の要素、精神を参考にした。原作を彷彿させるシーンも要所要所に出てくる」と明かした。

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」は、7月1日から全国公開。

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 鬼才ティム・バートン監督×ジョニー・デップ主演で贈る、究極のファンタジー・アドベンチャー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi