「アリス・イン・ワンダーランド」ミア・ワシコウスカ来日!和のおもてなしに感激「今までで1番美しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月20日 > 「アリス・イン・ワンダーランド」ミア・ワシコウスカ来日!和のおもてなしに感激「今までで1番美しい」
メニュー

「アリス・イン・ワンダーランド」ミア・ワシコウスカ来日!和のおもてなしに感激「今までで1番美しい」

2016年6月20日 14:35

和のおもてなしを堪能!「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」

和のおもてなしを堪能!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」をもとに描いた大ヒットファンタジーの続編「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」の来日お茶会見が6月20日、東京・六本木のリッツカールトン東京で行われ、出演のミア・ワシコウスカジェームズ・ボビン監督、プロデューサーのスザンヌ・トッドが出席した。

この日の会見はお茶会をイメージし、登壇陣の席には日本各地の菓子や茶器が並べられ、場内はカラフルな障子や屏風で飾り付けられた。ワシコウスカは、色鮮やかな茶器や菓子を手に取ると「ビューティフル! ディティールが素晴らしい!」と喜びの声をあげる。トッド氏も、「世界中でこういったお茶会見を行ったが、今までで1番美しい」とニッコリ。ボビン監督にいたっては「マッドハッターのお茶会みたいだね」とはしゃぎ、菓子を口に頬張ると「デリシャス!」とほほ笑むなど、終始ご機嫌だった。

バートンがプロデューサーとして参加した今作は、悲しい過去にとらわれたマッドハッター(ジョニー・デップ)を救うため、時間をさかのぼる旅に出るアリス(ワシコウスカ)の姿を描く。約6年ぶりの新作となるが、アリスの成長について問われたワシコウスカは「1作目では、アリスは自分自身を見つけていない。でも今作では経験を重ねてきて、力を得た。自信もある」。アリスの変化や成長に自身を重ね合わせていたそうで、「私もたくさんの映画に携わり、学んだ。仕事について学び、より深い理解を持つことができた。アリスの道のりと私自身の道のりがかぶっていた。それを今作の演技に生かせた」と明かした。

一方、バートンからメガホンを引き継いだボビン監督は、前作との変化を「ティム・バートンが前作で作り挙げた美しい世界が土台であり、基礎にある」といい、そのうえで「今回は1作目とは時間が異なる。地理的にも異なるので、自分が好きな設定や設計を組み込んだ。アリスの原作本のイラストに影響を受けていたので、その要素を取り入れたいと思った」と説明。原作「鏡の国のアリス」とストーリーが異なる点を指摘されたが、「鏡も出てくるし、原作のキャラクターを取り入れている。原作の要素、精神を参考にした。原作を彷彿させるシーンも要所要所に出てくる」と明かした。

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」は、7月1日から全国公開。

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,063 鬼才ティム・バートン監督×ジョニー・デップ主演で贈る、究極のファンタジー・アドベンチャー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi