「死霊館 エンフィールド事件」のスピンオフ製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月20日 > 「死霊館 エンフィールド事件」のスピンオフ製作へ
メニュー

「死霊館 エンフィールド事件」のスピンオフ製作へ

2016年6月20日 12:00

スピンオフの製作準備がスタート!「死霊館」

スピンオフの製作準備がスタート!
写真:PictureLux/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ニューライン・シネマが、ホラー映画「死霊館 エンフィールド事件」のスピンオフ映画を製作準備していることがわかった。

ジェームズ・ワン監督「死霊館」(2013)の続編「死霊館 エンフィールド事件」は、6月10日に全米ほか世界各国で封切られNo.1スタートを切った。「死霊館」は実在の心霊研究家エド&ロレイン・ウォーレン夫妻が追った事件を描くシリーズで、ベラ・ファーミガパトリック・ウィルソンが主演。続編は1977年、英ロンドン近郊のエンフィールドで史上最長期間続いたポルターガイスト現象「エンフィールド事件」を題材に、悪霊に取り憑かれたシングルマザー一家とウォーレン夫妻が目撃した怪奇現象を描いている。

米ハリウッド・レポーターによれば、スピンオフ「The Nun(原題)」は、続編に登場した恐ろしい修道女に焦点を当てるようだ。この修道女は、当初の続編の脚本には存在しておらず、ワン監督のひらめきによって公開3カ月前に追加撮影されたキャラクターだという。スピンオフは、続編で共同脚本を務めたデビッド・レスリー・ジョンソンが再び執筆し、前作・続編でメガホンをとったワンはプロデュースにまわる。監督、キャストはまだ決定していない。

ちなみに前作「死霊館」もスピンオフが製作されており、邪悪な人形アナベルの秘話を描いた「アナベル 死霊館の人形」(ジョン・R・レオネッティ監督、ワン製作)が14年に公開された。ニューラインは「アナベル」シリーズの続編も準備しており、17年に公開予定だ。

死霊館 エンフィールド事件」は、7月9日日本公開。

死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 『ソウ』のジェームズ・ワン監督作、実話に基づき人間の耐え得る限界を超えた凶暴な恐怖を描く衝撃作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi