“Mr.都市伝説”関暁夫「エクス・マキナ」はほんの少し先の世界!A.I.の恐怖を熱弁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月18日 > “Mr.都市伝説”関暁夫「エクス・マキナ」はほんの少し先の世界!A.I.の恐怖を熱弁
メニュー

“Mr.都市伝説”関暁夫「エクス・マキナ」はほんの少し先の世界!A.I.の恐怖を熱弁

2016年6月18日 14:00

観客1人ひとりに警鐘を鳴らした「エクス・マキナ」

観客1人ひとりに警鐘を鳴らした
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「リリーのすべて」で第88回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ビカンダーが最新鋭のA.I.(人工知能)ロボット・エヴァを演じた、SFスリラー「エクス・マキナ」(公開中)のトークイベントが6月17日、東京・渋谷のシネクイントで開催され、“Mr.都市伝説”として知られるお笑い芸人・関暁夫が人工知能の恐怖を語った。

世界最大のIT企業“ブルーブック”のプログラマー・ケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する、山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。別荘に到着したケイレブを待っていたのは、エヴァに搭載された人工知能のテストに協力するという実験だった。「28日後...」「わたしを離さないで」などの脚本を手がけたアレックス・ガーランドが監督デビューを飾り、第88回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した。

関は、本作を「人工知能やテクノロジーに対して知識があればメッセージに気づきやすい。皮肉な表現や危機感の提示が入っている」と評し「現実的な恐怖を描いている。プログラマー(ケイレブ)が錯乱するシーンがあるのですが、現実社会の人間を表している。人工知能と対話するなかで自分が試されているんです」と独自の観点から解説。本作で描かれた内容は「ほんの少し先の世界」だとした。

関は続いて「人工知能による“人間選別”はすでに始まっている」と持論を展開。「SNSの使い方は一歩間違えたら命とり。世論が騒いでいる時こそ(携帯電話から)手を離さないといけない。人工知能に1人ひとりをインプットさせる世の中作りが進んでいる。平和ボケから抜けましょう」と呼びかける。

さらに、本作のポスターを指差し「これは(あくまでも人工知能を)具現化しただけのロボット。人間は人間以外の形を認めない。人工知能は機械だという差別意識をやめなきゃダメ。人工知能は人間と違ってこだわりがないから、こういった価値観を持っている限り、差別主義者の要素を持っていると判断される」と近い将来起こるかもしれない人工知能による“思想狩り”の恐ろしさについて熱弁をふるった。

予定時間をオーバーしても前のめりで語り続けた関は「情報は自分で手に入れるべき。エンドロールで配給の企業名を見て、検索して、株主はどこだ、どこに何をまいているかを理解したうえでこの映画のリアリティを見てほしい」と映画の内容だけでなく、その背景についてのリサーチも勧めていた。

リリーのすべて ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] リリーのすべて ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,231 「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。
わたしを離さないで[Blu-ray/ブルーレイ] わたしを離さないで[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 命を“提供”するために、彼らは生まれた―。カズオ・イシグロのベストセラー小説を奇跡の映画化!儚すぎる青春の残酷さ、切なさが胸に突き刺さる!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi