米ユニバーサル、「ジェイソン・ボーン」R・ラドラム原作小説を複数映画化へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月18日 > 米ユニバーサル、「ジェイソン・ボーン」R・ラドラム原作小説を複数映画化へ
メニュー

米ユニバーサル、「ジェイソン・ボーン」R・ラドラム原作小説を複数映画化へ

2016年6月18日 08:00

ロバート・ラドラム「ジェイソン・ボーン」

ロバート・ラドラム
Photo by Ulf Andersen/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズが、「ボーン・アイデンティティー」シリーズの原作者として知られるロバート・ラドラムの複数の小説を映画化し、それぞれクロスオーバーさせることで「ラドラム・ユニバース」の構築を企画していることがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、プロジェクトをまとめるのは、「ゾディアック」「アメイジング・スパイダーマン」の脚本家ジェームズ・バンダービルトと、バンダービルトが率いる米ミソロジー・エンターテインメント。

また、「ラドラム・ユニバース」の第1弾作品には、ドウェイン・ジョンソンが主演する長編小説「メービウスの環(原題:The Janson Directive)」の映画化が決定した。バンダービルトとオスカー脚本家のアキバ・ゴールズマンが共同で脚色にあたる。ちなみにゴールズマンは、米パラマウント・ピクチャーズのもとで「トランスフォーマー・ユニバース」の構築に携わっている。

ラドラムの死去(2001年没)の翌02年に出版された遺作「メービウスの環」は、元国務省特殊部隊員で、現在は危機管理コンサルタントとして活躍する主人公ポール・ジャンソンが、ある日、テロリストに拉致され処刑宣告を受けた世界的な富豪で慈善活動家の救出を依頼されるところから始まるサスペンス。

その他、ユニバーサルが映画化を企画しているラドラムの小説には、「狂気のモザイク(The Parsifal Mosaic)」、「シグマ最終司令(The Sigma Protocol)」、「秘密組織カヴァート・ワン(Covert One)」などがある。

なお、マット・デイモン主演の人気アクションシリーズ最新作「ジェイソン・ボーン」は、10月7日から全国公開される。

ボーン・アイデンティティー[Blu-ray/ブルーレイ] ボーン・アイデンティティー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 記憶喪失の男が、海で漁船の乗組員たちに救われる。身元も経歴もなにもわからない男は、なぜ多くの人々に命を狙われるかを知ろうと、捜索に乗り出すのだった…。スリリングな新感覚スパイ・アクション作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi