「死霊館」続編、特別映像でポルターガイスト被害者が胸中告白&実録音声公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月17日 > 「死霊館」続編、特別映像でポルターガイスト被害者が胸中告白&実録音声公開
メニュー

「死霊館」続編、特別映像でポルターガイスト被害者が胸中告白&実録音声公開

2016年6月17日 19:00

本当にあったポルターガイスト事件「死霊館」

本当にあったポルターガイスト事件
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース]実在の心霊研究家夫婦が挑んだ禁断の事件を描く人気ホラーシリーズ第2弾「死霊館 エンフィールド事件」の特別映像を、映画.comが入手した。同作の題材となったポルターガイスト現象の被害者、心霊研究家の貴重なインタビューとともに、当時の資料から恐怖をあぶり出していく。

ジェームズ・ワン監督をはじめ、ウォーレン夫妻を演じたベラ・ファーミガパトリック・ウィルソンら「死霊館」チームが再結集。1970年代に世間を騒がせた史上最長のポスターガイスト現象「エンフィールド事件」を映像化し、怪奇現象に見舞われたホジソン家族を救うため、悪霊と対じするウォーレン夫妻を描く。

ホジソン一家は、奇妙な物音や勝手に動く家具など怪奇現象に悩まされ、ウォーレン夫妻に助けを求める。しかし、いくつもの事件を解決に導いてきた妻ロレインでさえも、かつてない危険を感じるほど悪霊は暴走していた。

ポルターガイストの最大の標的は、11歳の次女ジャネットだった。見知らぬ声が聞こえるだけでなく、ジャネットの体を通し何者かが「私の家から出て行け」としゃがれ声で怒り出す。特別映像では、ウォーレン夫妻による77年の実録音声が流れ、少女から発せられたとは思えない老人の声が不気味に響く。

さらに、ジャネット・ウインター(旧姓ホジソン)さん本人が「私はとりつかれ、空中浮遊とか声も変わりました。私にとっては生命を脅かされる現象でした」と振り返り、「あの感情、あの恐怖、もう一度同じことがあれば耐えられない」とよみがえる恐怖に震えながら胸中を告白。ロレイン・ウォーレンの「あの現象は深刻でした。だから助けなければと」という言葉も、事件の深刻さを物語っている。

死霊館 エンフィールド事件」は、7月9日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi