「ビリギャル」那須田淳プロデューサー、藤本賞に感慨「ヒットさせる自信あった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月17日 > 「ビリギャル」那須田淳プロデューサー、藤本賞に感慨「ヒットさせる自信あった」
メニュー

「ビリギャル」那須田淳プロデューサー、藤本賞に感慨「ヒットさせる自信あった」

2016年6月17日 14:30

映画プロデューサーの功績を称える「第35回藤本賞」「映画 ビリギャル」

映画プロデューサーの功績を称える「第35回藤本賞」
[拡大画像]

[映画.com ニュース]映画プロデューサーの功績を称える「第35回藤本賞」の授賞式が6月17日、都内のホテルで行われた。「映画ビリギャル」の那須田淳進藤淳一両氏が同賞を受賞。「海街diary」の松崎薫氏、「バクマン。」の川村元気氏が同特別賞、「恋人たち」の深田誠剛小野仁史両氏が同奨励賞に輝いた。

偏差値の低い女子高生が、現役で慶応大に合格したノンフィクションを、有村架純主演で映画化した「映画ビリギャル」は興収28億4000万円の大ヒット。那須田氏は、「合格するのが分かっている話を誰が見るんだという話もあったが、ヒットさせる自信はあった。悩みは尽きず、心が揺らぐこともあったが、若い人をターゲットにするということは最後までぶれなかった」と感慨に浸った。


画像2

[拡大画像]

川村氏は、2011年に「告白」、「悪人」で藤本賞を受賞した当時を振り返り、「次に何をやろうかと途方に暮れていた時に、少年ジャンプの名作漫画に出合った。ちょうど『モテキ』を撮影中で、大根仁監督にバカバカしくて楽しい映画を作りたいとお願いした」と述懐。9月17日公開の「怒り」も手掛けており、「エンタテインメントに徹した作品が評価されてうれしい。次の作品につなげていけるよう、頑張っていきたい」と新たな意欲を見せた。

昨年の映画賞を席巻した「恋人たち」は、橋口亮輔監督や主演の篠原篤成嶋瞳子池田良も駆け付け祝福。深田氏は、「監督の作家性を最大限に尊重したことが、多くの方に届いたと思う。感謝の気持ちでいっぱいです」としみじみ話していた。

海街diary Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 海街diary Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 「そして父になる」「誰も知らない」などで国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写映画化。
映画 ビリギャル Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 映画 ビリギャル Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,691 ノンフィクション小説「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi