第19回上海国際映画祭、邦画チケットが人気 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月15日 > 第19回上海国際映画祭、邦画チケットが人気
メニュー

第19回上海国際映画祭、邦画チケットが人気

2016年6月15日 06:00

上海国際映画祭で完売した 山田洋次監督の「母と暮せば」「母と暮せば」

上海国際映画祭で完売した
山田洋次監督の「母と暮せば」
(C)2015「母と暮せば」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第19回上海国際映画祭が6月11日から開幕するが、チケットの発売が4日から始まり、例年同様に邦画に人気が集まっている。今回、全上映作品は800本を超えるとみられ、今までにない盛り上がりが期待される。

邦画は40本前後公開の運びで、この本数はこれまでで最も多い。特に山田洋次監督の「母と暮せば」が大人気。二宮和也ファンの観客が多いようで、5回上映のチケットは4日午前中にすべて売り切れた。ライターの徐昊辰氏は、「『母と暮せば』のほかでは、『暗殺教室』『家族はつらいよ』『二重生活』『セトウツミ』『葛城事件』といったミニシアター作品まで、ほとんど完売状態になっています。中国、とくに上海では邦画の人気はとても高いです」と語っている。(文化通信)

母と暮せば[Blu-ray/ブルーレイ] 母と暮せば[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,672 吉永小百合、二宮和也出演。山田洋次監督が初めて描く、<母>と<息子>の感動ファンタジー。
家族はつらいよ[Blu-ray/ブルーレイ] 家族はつらいよ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,691 山田洋次監督が夫婦と家族の物語を笑いと共感とともに描く痛快ヒューマンコメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi