「ハイ・ライズ」マナー映像でトム・ヒドルストンに「全裸禁止」! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月15日 > 「ハイ・ライズ」マナー映像でトム・ヒドルストンに「全裸禁止」!
メニュー

「ハイ・ライズ」マナー映像でトム・ヒドルストンに「全裸禁止」!

2016年6月15日 22:30

劇場では服を着て映画鑑賞を「ハイ・ライズ」

劇場では服を着て映画鑑賞を
(C)RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE
/ CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・ヒドルストン主演で、J・G・バラード氏のSF小説を映画化した「ハイ・ライズ」のマナー映像が公開された。屋外で全裸のままくつろぐヒドルストンに「全裸禁止」と注意がなされるほか、ヒドルストンの吹き替えでおなじみの平川大輔が劇場マナーを呼びかける。

医師ラング(ヒドルストン)の新居となったマンションは、上層階にいくほど富裕層が住み、セレブたちが贅沢三昧な日々を送っていた。しかし、ある事件を引き金にマンション内のヒエラルキーが崩壊する。

理想の生活を求めてやってきたラング、マンションの考案者で最上階の住人・建築家ロイヤル。マナー映像では、「セレブのためのマンション入居説明会」として、ラングらキャラクターの言動とともに鑑賞マナーを指南。「場内禁煙」「携帯オフ」といったオーソドックスな内容に加え、デザートの「横取り禁止」「全裸禁止」など本編への期待をあおるマナーが喚起される。

同映像はベン・ウィートリー監督、プロデューサーのジェレミー・トーマスのお墨付きで、トーマスは「この映画は、一見深刻な話と受け止められてしまいがちだけど、実はブラックなユーモアのエッセンスが沢山入っているんだ。このマナー広告はそれをうまく表現しているね!」と太鼓判を押している。

ハイ・ライズ」は、「サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド」のウィートリー監督が、高級高層マンションを舞台に現代社会がはらむヒエラルキーの歪みをあぶり出す。8月6日から全国で公開。

サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド[DVD] サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド[DVD] 最安価格: ¥3,201 はじめてのお泊り旅行で繰り広げられる一組のカップルの愛と狂気の旅路!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi