中村梅雀、徳重聡の第1子誕生&原田夏希の結婚を祝福「家族感を深める良い現場」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月15日 > 中村梅雀、徳重聡の第1子誕生&原田夏希の結婚を祝福「家族感を深める良い現場」
メニュー

中村梅雀、徳重聡の第1子誕生&原田夏希の結婚を祝福「家族感を深める良い現場」

2016年6月15日 17:30

撮影中は「めでたいことだらけ」

撮影中は「めでたいことだらけ」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中村梅雀が主演したNHK BSプレミアムの時代劇ドラマ「伝七捕物帳」の会見が6月15日、東京・渋谷の同局で行われ、梅雀をはじめ共演の田中美佐子徳重聡上遠野太洸原田夏希松平健が出席した。

陣出達朗氏や横溝正史氏らが手がけた時代劇小説シリーズを原作に、粋な岡っ引き・黒門町の伝七が悪を捕らえる姿を描く。1970年代には、梅雀の父・中村梅之助さんが主演したテレビドラマシリーズが制作されており、今作で梅雀は父と同じ伝七を演じている。

約3カ月間にわたり京都で撮影され、その期間に徳重の第1子が誕生、原田が結婚を発表した。梅雀は、「撮影中はめでたいことだらけでした」と祝福。さらに「徳重くんはお子さんがなかなか生まれず、京都から奥さんの実家・静岡まで毎日のように通っていて、生まれた時は皆でホッとしました。家族感を深めるような良い現場でした」としみじみ語ると、徳重は「非常に皆さんに心配をお掛けしました。(現場では)家族のようになれた思いがあります」と感謝の念をにじませた。

一方で徳重は、原田の結婚を新聞報道で知ったそうで、「よく『一緒に現場の人も(結婚を)知らなかった』なんてことを聞きますが、そんなことないだろうと思っていたんです。でも、本当にそういうことがあるんですね」と苦笑い。これを受けた原田は、「いろんな話をしていましたが、結婚については聞かれなかったので言わなかったんです」と話し、梅雀と田中を「えーっ!」と驚かせていた。

また梅雀は、伝七役に思いを馳せ「父がリアルタイムでやっている時、学生の僕にも(『伝七捕物帳』の)オファーが来ました。でも当時は現代劇しか出ていなかったので、断っていたんです」と告白。それでも「劇団に入り父といろんな仕事をし、別の立場での関わりが出来て、『父が残したものをやる時が来る』と思っていた」と明かし、「それならば伝七がピッタリだ、やりたいなと思っていました」とほほ笑む。昨年、今作の主演を報告したところ、大喜びの梅之助さんから十手を贈られたそうで、「それを基に、今回の十手や鎖を新たに作りました。殴られたら致命傷になるくらい非常に重い十手で、“こなし”を研究しなければ第1話の殺陣に間に合いませんでした」と喜々として述懐していた。

NHK BSプレミアム「伝七捕物帳」は、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が主題歌を担当し、第2話で時代劇初出演を飾る。7月15日から毎週金曜午後8時放送開始。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi