家業は誘拐!「エル・クラン」犯罪一家の二面性映し出す予告編&ポスター&場面カット公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月15日 > 家業は誘拐!「エル・クラン」犯罪一家の二面性映し出す予告編&ポスター&場面カット公開
メニュー

家業は誘拐!「エル・クラン」犯罪一家の二面性映し出す予告編&ポスター&場面カット公開

2016年6月15日 15:00

幸せな一家の家業は誘拐!?「エル・クラン」

幸せな一家の家業は誘拐!?
(C)2014 Capital Intelectual S.A.
/ MATANZA CINE / EL DESEO
[拡大画像]

[映画.com ニュース]スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが製作を務め、実際の身代金誘拐事件を映画化した「エル・クラン」の幸せな家族の二面性を映し出すような予告編とポスター画像、人質を拷問する場面カットが公開された。

1983年にアルゼンチンで発生した実在の事件をもとに、裕福な一家が抱える「秘密」を描く。父と母、5人の子どもたちが幸せに暮らし、近所の人々から慕われているプッチオ一家の周辺で、金持ちだけを狙った身代金誘拐事件が多発する。住民たちに不安が広がるなか、父アルキメデスは、鍵のかかった部屋に食事を運ぶという不審な行動をとっていた。

公開された予告編は、笑顔にあふれたプッチオ一家の日常から始まる。しかし、父が穏やかな表情で食事を運んだのは、娘でも息子でもなく、監禁している人質のもとだった。父は息子に一家の収入原が身代金であることを告げ、家族総出で誘拐を家業としていく。人質をトランクに押し込み、射殺したりと残虐な犯罪に手を染めながらも、映像の終盤では優雅に笑みを浮かべる一家の姿が収められており、見る者の恐怖心をかき立てる。

エル・クラン」は、「セブン・デイズ・イン・ハバナ」のパブロ・トラペロ監督がメガホンをとり、第72回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞。9月17日から東京・新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開。

セブン・デイズ・イン・ハバナ[DVD] セブン・デイズ・イン・ハバナ[DVD] 最安価格: ¥3,428 ハバナを初めて訪れたアメリカ人青年の体験記や、海外からやってきた著名映画監督と地元タクシー運転手の間に芽生えた友情劇など全7編の物語を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi