「SW ローグ・ワン」追加撮影は規定路線 米誌がネガティブな噂を一蹴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月13日 > 「SW ローグ・ワン」追加撮影は規定路線 米誌がネガティブな噂を一蹴
メニュー

「SW ローグ・ワン」追加撮影は規定路線 米誌がネガティブな噂を一蹴

2016年6月13日 12:00

追加撮影分の脚本を執筆したトニー・ギルロイ「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」

追加撮影分の脚本を執筆したトニー・ギルロイ
Photo by Gilbert Carrasquillo/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の追加撮影が行われることが発表されて以降、作品の仕上がりが芳しくないのではないか、ウォルト・ディズニーが内容を強引に変えようとしているのではないかといったネガティブな噂が広がっているが、エンターテインメント・ウィークリー誌がこれらすべてを否定的に報じている。

同誌がルーカスフィルムに確認を取ったところ、追加撮影自体はクランクイン前から予定に組み込まれていたという。近年の大作映画では珍しいことではなく、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」も、昨夏に追加で撮影を敢行していた。

ただし「ローグ・ワン」は、春に追加撮影を予定していたものの、ギャレス・エドワーズ監督やクリエイティブチームが修正すべき箇所を見極めるために時間がかかったため、夏にずれ込んだ模様。修正箇所は、「ストーリーをより分かりやすくしたり、キャラクターの成長を描くためのもので、すでに撮影したシーンのなかにインサートされることになる」。

なお、追加撮影分の脚本は「フィクサー」のトニー・ギルロイ監督が執筆。ギルロイ監督は、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長の夫フランク・マーシャルがプロデュースする「ボーン・レガシー」を手掛けたほか、エドワーズ監督の「GODZILLA」の追加撮影でもノークレジットで同様の手助けをした経験があるという。ギルロイは、脚本執筆だけでなく第2班監督も手掛けることになる。

また、ディズニーの幹部たちが「ローグ・ワン」の内容に口出しをしているという噂も根拠はないようだ。ルーカスフィルムによれば、同社関係者以外で「ローグ・ワン」の試写を見たのはウォルト・ディズニーのロバート・アイガー最高経営責任者、ウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長の2人だけ。ともに、製作サイドには自由を与えているという。

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は、12月16日に公開。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX(初回版)[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX(初回版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,402 SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズ前作から約10年ぶりの公開となった第7作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi