スティーブン・キング「IT」映画版ペニーワイズ役にビル・スカルスガルド : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月11日 > スティーブン・キング「IT」映画版ペニーワイズ役にビル・スカルスガルド
メニュー

スティーブン・キング「IT」映画版ペニーワイズ役にビル・スカルスガルド

2016年6月11日 12:00

イケメン一家の末っ子が恐怖のピエロに「シンプル・シモン」

イケメン一家の末っ子が恐怖のピエロに
Photo by Steve Granitz/WireImage、
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースと米ニューラインが進めている、スティーブン・キングの傑作長編「IT」の映画化で、スウェーデン出身の俳優ビル・スカルスガルド(「シンプル・シモン」)がピエロのペニーワイズ役で出演の最終交渉に入ったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。25歳のビルは、ステラン・スカルスガルド(「マイティ・ソー」「アベンジャーズ」)の息子で、アレクサンダー・スカルスガルド(「ターザン:REBORN」)の弟だ。

1986年に発表された「IT」は、幼い頃に体験した得体の知れない恐怖(IT=それ)と再び対峙するべく、故郷の町に戻ってきた7人の主人公の姿を描いたホラー小説。原作は幼少期と大人になってからの2部構成で、映画も2部作になると見られている。

当初はキャリー・ジョージ・フクナガがメガホンをとる予定だったが、製作費やビジョンの面で製作のニューラインと折り合いがつかずに降板。その後、ジェシカ・チャステイン主演のホラー映画「MAMA」をヒットさせたスペイン出身のアンドレス・ムシェッティが監督に起用されている。

フクナガが離脱する以前には、英俳優ウィル・ポールター(「なんちゃって家族」)がペニーワイズ役に決定していたが、スケジュール上の問題により降板した。「IT」は2017年9月8日の全米公開を予定。

なお、「IT」の劇場映画化は今回が初めてだが、90年に米ABCが制作したミニシリーズがあり、同シリーズでティム・カリーが演じたペニーワイズは、見る者すべてをピエロ恐怖症にさせるほどの強烈なインパクトがあった。

シンプル・シモン[DVD] シンプル・シモン[DVD] 最安価格: ¥3,201 アスペルガー症候群の主人公の目に映る世界を描き出し、2011年のアカデミー賞外国語映画賞のスウェーデン代表にも選出された長編作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi