アニメ映画「虐殺器官」公開延期乗り越え今冬公開決定!場面写真もお披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月10日 > アニメ映画「虐殺器官」公開延期乗り越え今冬公開決定!場面写真もお披露目
メニュー

アニメ映画「虐殺器官」公開延期乗り越え今冬公開決定!場面写真もお披露目

2016年6月10日 10:00

「虐殺器官」今冬公開決定!「虐殺器官」

「虐殺器官」今冬公開決定!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 公開延期となっていたアニメ映画「虐殺器官」が、今冬劇場公開されることが決定した。あわせて、独特の世界観をアニメ化する本編への期待が高まる、新場面写真がお披露目された。

原作は、夭折のSF作家・伊藤計劃さんが2007年に発表したデビュー作。伊藤さんの盟友・円城塔氏が書き継いだ「屍者の帝国」、遺作「ハーモニー」とともに、「Project Itoh」としてアニメ映画化企画が始動。しかし、制作スタジオ「マングローブ」が経営破たんし、新スタジオ「ジェノスタジオ」が製作を引継ぐことが昨年11月に発表されていた。

「機動戦士ガンダム」シリーズに参加してきた村瀬修功監督のもと鋭意製作中で、中村悠一(クラヴィス・シェパード)、三上哲(ウィリアムズ)、梶裕貴(アレックス)、石川界人(リーランド)、大塚明夫(ロックウェル)、小林沙苗(ルツィア)、櫻井孝宏ジョン・ポール)といった人気声優が結集した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • メッセージの評論 メッセージ SF映画の概念を覆し深遠な問いかけをもたらす、鬼才監督の仕掛ける映画的体験
  • 夜に生きるの評論 夜に生きる おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が
  • 夜明け告げるルーのうたの評論 夜明け告げるルーのうた 日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi