子守相手は老夫婦溺愛の人形…「ザ・ボーイ 人形少年の館」予告で始まる惨劇 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月10日 > 子守相手は老夫婦溺愛の人形…「ザ・ボーイ 人形少年の館」予告で始まる惨劇
メニュー

子守相手は老夫婦溺愛の人形…「ザ・ボーイ 人形少年の館」予告で始まる惨劇

2016年6月10日 22:00

あなたは息子のお気に入りなの「ザ・ボーイ 人形少年の館」

あなたは息子のお気に入りなの
(C)2015 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC
AND STX PRODUCTIONS, LLC All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 少年を模した人形が引き金となるサスペンススリラー「The Boy」が、邦題「ザ・ボーイ 人形少年の館」として今夏劇場公開されることになり、予告編が完成した。

デビル・インサイド」「ウェア 破滅」のウィリアム・ブレント・ベル監督がメガホンをとり、「アンダーワールド」シリーズのチームが製作を担当。人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズのマギー役で火がついたローレン・コーハンを主演に迎え、人形のベビーシッターとして雇われた女性が味わう恐怖を描く。

過去に悩まされ新天地を求めていたグレタは、幼い少年のベビーシッターとして老夫婦に雇われる。しかし、子守の相手は人間ではなく、老夫婦が「ブラームス」と名付け溺愛する人形だった。グレタは、老夫婦から必ず守らなくてはいけない10のルールを聞かされるが、ブラームスとふたりになったある日、ルールを無視してしまう。

死霊館」のアナベル、「チャイルド・プレイ」のチャッキーなど人形が元凶となるホラーはこれまでにも作られてきたが、本作はこれまでの作品とは違った予測不可能な恐怖が展開される。予告編では、人形でありながら、涙を流すなど生きているかのような顔も見せるブラームスが、恐ろしさを倍増させる。

ザ・ボーイ 人形少年の館」は、今夏に東京・新宿シネマカリテほか全国で公開。なお、劇場公開に先駆け、7月16日~8月19日に同館で開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」で上映される。

アナベル 死霊館の人形[Blu-ray/ブルーレイ] アナベル 死霊館の人形[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 『死霊館』に登場した恐怖の人形の誕生秘話を描く、戦慄のホラー作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi