生き返ったヒロインに数々の異変…「ラザロ・エフェクト」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月9日 > 生き返ったヒロインに数々の異変…「ラザロ・エフェクト」本編映像公開
メニュー

生き返ったヒロインに数々の異変…「ラザロ・エフェクト」本編映像公開

2016年6月9日 12:00

死からよみがえった人間に一体何が…?「ラザロ・エフェクト」

死からよみがえった人間に一体何が…?
(C)2016 Lions Gate Entertainment Inc.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 死者の蘇生が引き起こす恐怖を描いたホラー「ラザロ・エフェクト」(デビッド・ゲルブ監督)で、死からよみがえった人間と周囲の人間の双方を脅かす数々の異変を収めた本編映像が公開された。

死者をよみがえらせる「ラザロ血清」の実験中、研究員のゾーイ(オリビア・ワイルド)が不慮の事故で命を落とした。研究リーダーで婚約者のフランク(マーク・デュプラス)は、仲間の反対を押し切りゾーイに血清を投与する。

公開された本編映像は、生き返って間もないゾーイが驚異的なスピードで力を発現させていく場面。脳の活動が異常に活発だと分かり不安を抱えるゾーイを、フランクは心配ないと元気づける。しかし、自分にしか聞こえない声が聞こえ、視線の先にあるペンが手を触れずに動いたことでゾーイは戸惑い、フランクも自分がいままさに言おうとしていた言葉を先読みされ、思わず後ずさる。

死んでいる間に味わった「死よりも怖い恐怖」に侵食されていくヒロインが、すさまじい力を解き放つことを予感させるシーンであり、ワイルドは「ゾーイは無意識と意識の間の世界に閉じ込められた。何が本当で、何がそうでないのかわからなくなってしまったの」と解説した。

ラザロ・エフェクト」は6月11日から東京・新宿バルト9ほか全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi