池松壮亮が常盤貴子の髪を優しくとかし…「だれかの木琴」予告編完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月9日 > 池松壮亮が常盤貴子の髪を優しくとかし…「だれかの木琴」予告編完成
メニュー

池松壮亮が常盤貴子の髪を優しくとかし…「だれかの木琴」予告編完成

2016年6月9日 15:00

主婦と美容師の危険な関係「だれかの木琴」

主婦と美容師の危険な関係
(C)2016「だれかの木琴」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 名匠・東陽一監督の最新作で、常盤貴子池松壮亮が初共演で主演を務めている映画「だれかの木琴」の予告編が完成した。

ごく普通の主婦が常軌を逸した執着を抱えたことから起こる出来事をつづった井上荒野氏の小説を、「絵の中のぼくの村」でベルリン国際映画祭で特別銀熊賞を受賞した東監督が映画化したサスペンス。夫と娘と暮らす主婦の小夜子が、新しく見つけた美容院で髪を切り、美容師・海斗からのお礼の営業メールに返信したことをきっかけに、次第に海斗へのストーカー行為をエスカレートさせていく様を描く。小夜子を常盤が、海斗を池松が演じるほか、小夜子の夫役で勝村政信、海斗の恋人役で佐津川愛美が共演している。

予告編では、小夜子が変貌するきっかけとなった、海斗に髪に触れられ、カットされていく様子を官能的に描いた場面を冒頭に、小夜子が海斗への執着を募らせ、少しずつ道を踏み外していく様子が描かれている。小夜子は海斗の自宅を探り当て、ドアノブへ「買いすぎたイチゴ」を吊るすほか、新調した夫婦のベッドの写真を海斗へ送りつけ、ついには海斗の家の呼び鈴を押してしまう。

そして、主題歌となる井上陽水の名曲「最後のニュース」にのせ、常盤と池松が鏡越しに見つめあうシーン、嫉妬にかられる海斗の恋人の叫び、妻・小夜子の異変に気付き、体を求める夫の姿などが映し出されていき、単なる客と美容師として出会ったはずの2人の危険な関係が、周囲を巻き込み、波乱を巻き起こすであろう展開を予感させる。9月10日全国公開。

絵の中のぼくの村[DVD] 絵の中のぼくの村[DVD] 最安価格: ¥4,010 誰にもある心の風景を舞台に描く、不滅のファンタジー映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi