スギちゃん、靴の中敷きがコンブの新ネタにご満悦 ヒロシ「うらやましい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月7日 > スギちゃん、靴の中敷きがコンブの新ネタにご満悦 ヒロシ「うらやましい」
メニュー

スギちゃん、靴の中敷きがコンブの新ネタにご満悦 ヒロシ「うらやましい」

2016年6月7日 15:03

かつて一世を風びしたヒロシとスギちゃん「オデッセイ」

かつて一世を風びしたヒロシとスギちゃん
[拡大画像]

[映画.com ニュース]お笑いタレントのヒロシとスギちゃんが6月7日、米SF映画「オデッセイ」の都内で行われたブルーレイ&DVD発売記念イベントにゲスト出演した。

マット・デイモン演じる火星に取り残された主人公が地球に帰るためのサバイバルを繰り広げる映画の内容に合わせ、ピン芸人として芸能界で生き残り続けていることから招へいされた2人。だが、「ご活躍の…」と紹介されたヒロシは、「活躍していませんよ。最近、どこで見ましたか? 5月の仕事は2本だったんですよ」と司会者に詰め寄るネガティブさを発揮した。

「ヒロシです」のネタで一世を風びしたのは12~13年前で、ピーク時には月収4000万円の時もあったというが、「干支がひと回りしちゃいましたよ。暇なんで、独りでキャンプにばっかり言っている」と自虐的。さらに「この前、営業に行ったら、賞味期限のシールをはがしてある弁当を出された」と完全に疑心暗鬼になっていた。

すると、同じ所属事務所のスギちゃんが「考えすぎだよ。そんなに悪い人はいない」とフォロー。こちらも「ワイルドだぜえ」がはやったのは4、5年前で、この日はサバイバルをテーマに靴ひもをかんぴょうにし、中敷きにはコンブを入れて「どこでも生きていけるぜえ」と新ネタを披露し、満足げな表情を見せた。

日本で興収35億円の大ヒットを記録した映画については、「さすがに火星には行きたくないが、生き残るための人生の勉強になる。サバイバル技術に引き込まれた」と感心。スギちゃんも、「NASAがバックアップしているから、リアリティがすごい。火星にいると錯覚した」と絶賛した。

そこで、主人公が火星でじゃがいもを栽培して生き延びたエピソードにちなみ、じゃがいもに見立てたシュークリームでサバイバル能力を図るロシアンルーレット対決を決行。ヒロシは通常のシュークリームを完食し、スギちゃんは激辛を口いっぱいにほお張りむせ返った。

いったんボールに戻したものの、「これを後で食べるんだぜえ。ワイルドだろう」と虚勢を張ったネタで意地を見せたスギちゃん。勝利したはずのヒロシは、「うらやましくなってきた」と、スギちゃんのポジティブさにせん望のまなざしを送っていた。

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,835 火星にたった独り取り残された宇宙飛行士が繰り広げるスリリングで型破りで壮大なサバイバルを描くSFアドベンチャー大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi