過去最多の26カ国が参加「EUフィルムデーズ2016」開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月5日 > 過去最多の26カ国が参加「EUフィルムデーズ2016」開催
メニュー

過去最多の26カ国が参加「EUフィルムデーズ2016」開催

2016年6月5日 15:00

ポーランド映画「イマジン」の一場面

ポーランド映画「イマジン」の一場面
(C)Adam_Bajerski
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ヨーロッパの映画製作者の幅広い才能と、EUの文化的多様性を紹介する映画祭「EUフィルムデーズ2016」が、6月18日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催する。

同映画祭は、2003年にスタートしてから14回目。フィルムセンターで9回目の開催となる今回は、過去最多の26カ国が参加し、日本初公開作品や主要な国際映画祭の受賞・ノミネート作品を含む計31プログラムの個性豊かな映画を紹介。会期中にはゲストを招いてのトークイベントや講演も予定されている。

東京国立近代美術館フィルムセンターでの会期は6月18日~7月10日。6月25日より京都文化博物館に巡回する。上映作品は公式サイト(www.eufilmdays.jp/)で紹介している。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi