海老蔵主演「石川五右衛門」、ヒロインは比嘉愛未!大泥棒と恋に落ちる茶々役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月5日 > 海老蔵主演「石川五右衛門」、ヒロインは比嘉愛未!大泥棒と恋に落ちる茶々役
メニュー

海老蔵主演「石川五右衛門」、ヒロインは比嘉愛未!大泥棒と恋に落ちる茶々役

2016年6月5日 06:00

市川海老蔵とは初共演の比嘉愛未

市川海老蔵とは初共演の比嘉愛未
(C)テレビ東京
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の比嘉愛未が、歌舞伎役者・市川海老蔵が主演するテレビ東京系の連続時代劇「石川五右衛門」にヒロイン役で出演していることがわかった。比嘉は、豊臣秀吉(國村隼)の側室でありながら、対立する石川五右衛門(海老蔵)と恋に落ちる茶々に扮する。

2009年に新作歌舞伎として上演、15年に新橋演舞場「初春花形歌舞伎」として再演され好評を博した同名演目を、テレビ東京が潤色しドラマ化。海老蔵が04年の襲名後初めて連続ドラマに主演し、華麗な手口で盗みを働く大泥棒・五右衛門と、時の権力者・秀吉の対決を描く。

比嘉は、初共演となる海老蔵に対し「歌舞伎界を背負う素晴らしい役者さんで、なかなか共演させて頂く機会はないと思うので、本当に貴重な経験。現場でも座長としての姿勢に感銘を受けています」と最敬礼だ。茶々は陥落した北ノ庄城から逃亡する際、野盗に襲われているところを秀吉の宿敵・五右衛門に助けられ、淡い恋心を抱くという複雑な役どころ。自身との共通点を「五右衛門への抑えられない感情と、側室としての立場で揺れ動く。共通点は理性じゃなく感情で動くところが似ている」と明かしている。

そんな比嘉について、海老蔵は「凛としたたたずまいと芯の強さを持っている、茶々としての雰囲気を感じながら共演させて頂いております」とコメントを寄せる。秀吉役の國村も「(茶々は)きちんと整理した形で、生きている強さを出さないといけない役だと思います」と語り、「なので、実はとても芯の通った女性である比嘉さんには、この役がぴったりだと思います」と太鼓判を押している。

連続時代劇「石川五右衛門」は、高月彩良山田純大前野朋哉らが共演する。テレビ東京系で今年放送予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi