ブレイク必至・恒松祐里の初主演作は全編台湾ロケ「その一言がいえなくて」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月4日 > ブレイク必至・恒松祐里の初主演作は全編台湾ロケ「その一言がいえなくて」
メニュー

ブレイク必至・恒松祐里の初主演作は全編台湾ロケ「その一言がいえなくて」

2016年6月4日 19:00

「その一言がいえなくて」に主演した恒松祐里「くちびるに歌を」

「その一言がいえなくて」に主演した恒松祐里
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手女優の恒松祐里が、永田琴監督がメガホンをとった「その一言がいえなくて」で初主演を果たしていることがわかった。昨年公開された「くちびるに歌を」(新垣結衣主演)で、合唱部のメインキャストに抜てきされた恒松が、全編台湾ロケの撮影に挑んだ意欲作だ。

同作は、ネスレ日本が配信するネットムービー「ネスレシアター」の1本として製作された。7月中旬から前編・後編を同時公開予定だが、都内などで開催中の「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2016」で、6月5日から前編のみ先行上映されることが決定した。

恒松が演じたのは、しっかり者だが人間関係はどこか不器用な友梨。商社に勤める父親(袴田吉彦)の転勤と再婚で台湾に引っ越すが、言葉の通じない新しい母親(ツォン・ペイツー)との関係に戸惑い、やがてある事をきっかけに2人の関係が変わっていく。

台湾ロケでは、永田監督と森谷雄プロデューサー以外のスタッフは現地スタッフが名を連ねた。常に周囲を明るくするオーラを放つ恒松に周囲も感化されたうようで、撮影監督のジョウ・イーシエンは予定にはなかった恒松のアップを追加撮影するほど、そのポテンシャルの高さを感じ取った様子だったという。

撮影を終えた恒松は、「海外での撮影は初めてだったので、最初は言葉の壁を超えられるか心配でした。ですが、スタッフの方々が親切に接してくださったおかげで、一緒にいた時間は短かったのですがとても濃い時間を過ごすことが出来ました!」とコメントを寄せている。

上映は、4回。5日は表参道ヒルズ(午前11時30分~午後1時10分のプログラム内)、10日と14日は横浜ブリリアショートショートシアター(10日は午後7時30分~同9時10分、14日は午後3時30分~同5時10分のプログラム内)、16日は渋谷SHIDAX(午後7時30分~同9時10分のプログラム内)。

くちびるに歌を Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] くちびるに歌を Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,027 アンジェラ・アキが書き下ろした名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」をモチーフに描く、涙の感動作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi