藤山直美に阪本順治監督がヘアヌード要請!?「このおっさん、何考えているか分からへん」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月4日 > 藤山直美に阪本順治監督がヘアヌード要請!?「このおっさん、何考えているか分からへん」
メニュー

藤山直美に阪本順治監督がヘアヌード要請!?「このおっさん、何考えているか分からへん」

2016年6月4日 13:30

言いたい放題の舞台挨拶を展開した 藤山直美、岸部一徳、阪本順治監督ら「団地」

言いたい放題の舞台挨拶を展開した
藤山直美、岸部一徳、阪本順治監督ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 阪本順治監督と女優の藤山直美が16年ぶりにタッグを組んだ映画「団地」が6月4日、全国25スクリーンで初日を迎えた。2人は出演の岸部一徳大楠道代石橋蓮司と東京・有楽町スバル座での初回上映前に舞台挨拶。藤山は、「不思議な夢を見ていただけたらうれしいです」と意味深にアピールした。

冒頭、阪本監督が「今日は初日がたくさんあって、マスコミの取り合い。皆さん、記事になるようなことを言ってください」と、ライバル作品をけん制しながらキャストに注文。まずは自ら、脚本が4人を当て書きしたことを明かした上で、「クソみたいな業界に石を投げたくて、怒り、憎しみを込めた。(出演者は)道連れで、このメンツだったら怖くないと思った」と毒舌交じりに語った。

藤山は、「監督にヘアヌードがあるって言われて、よう聞いたら部屋でヌードル食べるって。このおっさん、何考えているか分からへん。取り扱い説明書がないんですよ。20代で読んでいたら、3日間、気失っていましたわ」と嘆き節。さらに、夫役の岸部に対しても「舞台では絶対に会えない先輩たちとの時間は楽しかった。『僕はこんな罪を犯した』『人として外れたことをした』という話を聞いて、勉強になりました」と畳みかけた。

大楠も脚本を読み、「監督は頭がおかしくなったんじゃないの?」と岸部に相談。岸部も「僕もひそかにそう思っていた」とさりげなく阪本監督をディスった。

同作は今月11日に開幕する第19回上海国際映画祭のコンペ部門に選出され、阪本監督も現地入りする予定だが「コンペって、落ちたら格好悪いんですよね」と悲観的。日本の観客に向けても、「スポーツ選手がヒーローインタビューでよく、これからも応援よろしくお願いしますって言うじゃないですか。あれ僕、大っ嫌いなんですよ。応援よろしくお願いします」と逆説的なアピールで締めくくった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi