ふなっしー、VRで舞台化も自虐的「いないから、いろんなこと期待しないで」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月2日 > ふなっしー、VRで舞台化も自虐的「いないから、いろんなこと期待しないで」
メニュー

ふなっしー、VRで舞台化も自虐的「いないから、いろんなこと期待しないで」

2016年6月2日 18:05

アフレコに臨んだふなっしーと小島瑠璃子

アフレコに臨んだふなっしーと小島瑠璃子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーと、タレントの小島瑠璃子が6月2日、ふなっしーじー舞台「レジェンドオブふなっしー」の公開アフレコを都内のスタジオで行った。

視覚トリックを使用した立体映像表現技術「ライブホログラフィック」により、ふなっしーやさまざまなキャラクターを3Dで照射するVR長編舞台。この日は、見習い剣士のふなっしーが、小島扮するヒロイン・ラフランとの出会いのシーンが披露された。

ふなっしー「君は誰なしな」
 ラフラン「自分から名乗るべきだろう」
 ふなっしー「ふなっしーだなっしー」
 ラフラン「それはどこからどこまでが名字だ」
 ふなっしー「だから、ふなっしーだなっしー」

ラフランが少し高飛車な態度を取る描写で、アフレコ初体験の小島に、ふなっしーは「器用で上手。クールな感じだけれど、ひとつ注文をつけるとすれば少しナレーションっぽいところがあるなっしー。もっと感情をひねり出す感じにするといいなっしー」と指導。早速、テイク2で感情をむき出しにするセリフ回しにバージョンアップさせた小島に、「完璧。やりすぎくらいがいい。こじるり、天才」と持ち上げ、歓喜のジャンプで称えた。

自身はセリフの量が膨大で、「8時間くらいかかったなっしー。歌も3曲歌わされたし、張りのある声から徐々に野太くなって死ぬかと思ったなっしー」とクレーム交じりの感想。「3Dの舞台で踊ったり、歌ったりするけれど、(自身が)いないのでいろんなことを期待しないでほしいなっしな」と自虐的にアピールした。

一方の小島は千葉県生まれで、「ふなっしーは千葉県のヒーローだから、ご一緒できてうれしい。私もナシを食べて育ちました」と満面の笑み。こちらもセリフ量が多く、約1時間の公演時間中、最初の10分までで1時間半を要したが、「丁寧に教えていただいたので、全部で2時間半くらい」と飛躍的な飲み込みの速さを見せた様子。ふなっしーは、「随分、まいたなっしな。大丈夫か? クオリティ」と不安をのぞかせていた。

ふなっしーじー舞台「レジェンドオブふなっしー」は6月30日~7月31日、ライブホログラフィック専用の常設劇場「DMM VR THEATER」(横浜市西区)で公演される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi