平波亘監督のショートフィルムとASH DA HEROの新作がコラボしたMV公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月2日 > 平波亘監督のショートフィルムとASH DA HEROの新作がコラボしたMV公開
メニュー

平波亘監督のショートフィルムとASH DA HEROの新作がコラボしたMV公開

2016年6月2日 05:00

ASH DA HEROのMVの一場面「東京戯曲」

ASH DA HEROのMVの一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012年からスタートした「音楽と映画の祭典・MOOSIC LAB」に2年連続参加するなど、音楽映画の才能が高く評価されている平波亘監督の手がけた、ASH DA HEROのニューアルバム「THIS IS LIFE」のリードトラック「Everything」のミュージックビデオ(MV)が、このほどリリースされた。

ニューアルバム「THIS IS LIFE」は、ASH DA HEROがリリース(6月15日)するロックンロール超大作。そのリードトラックである「Everything」にインスパイアされた平波監督が、独自の世界観でシナリオに書き起こしショートフィルムを制作。そして、ASH DA HEROの音楽シーンをミックスして編集し、ショートストーリーと楽曲に込められた深い思いが交わり合ったコラボMV(https://www.youtube.com/watch?v=DChcuh9isyw)として仕上げられた。

平波監督は、インディペンデントで自らの作品を発表するかたわら、山本政志山下敦弘今泉力哉らの現場で助監督を多数務め、MV監督としても作品を発表するなど幅広く活動。「MOOSIC LAB」12年参加作品「労働者階級の悪役」で最優秀男優賞、13年参加作品「トムソーヤーとハックルベリーフィンは死んだ」でミュージシャン賞を受賞した。

14年には長編作品「東京戯曲」が単独劇場公開され、バカリズム主演で話題となった堂島孝平のMV「俺は、ゆく」も手がけている。15年「ハッピートイ」に続き、人気ゲーム「The Rabbit House」を原案に描いたホラー映画「イースターナイトメア 死のイースターバニー」が今年3月に劇場公開されるなど、インディーズ界注目の監督のひとり。

なお、MV「Everything」の内容をドラマ化したショートフィルムが近日公開予定となっている。出演は、猪爪尚紀綾乃彩倉田大輔、ASH DA HERO。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi