「ファイト・クラブ」原作者C・パラニューク、自作「ララバイ」を自ら映画化へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月30日 > 「ファイト・クラブ」原作者C・パラニューク、自作「ララバイ」を自ら映画化へ
メニュー

「ファイト・クラブ」原作者C・パラニューク、自作「ララバイ」を自ら映画化へ

2016年5月30日 09:00

米作家チャック・パラニューク「ファイト・クラブ」

米作家チャック・パラニューク
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「ファイト・クラブ」(1999)の原作者として知られる米作家チャック・パラニュークが、2002年に発表したホラー小説「ララバイ」の映画化を自ら進めていることがわかった。

「ララバイ」の主人公は、乳幼児の突然死を取材する新聞記者のストリーター。ストリーターは、死亡した赤ん坊たちの家には必ず『世界の詩と歌』という本があることに気づき、やがてその中の一篇であるアフリカ起源の子守歌に、聴いた者を瞬時に殺害する魔力があることを知る。

なお、「ララバイ」執筆の背景には、「ファイト・クラブ」が公開された99年に実父フレッドさんを殺害され、その犯人を死刑に処すべきかどうかの裁判に関わったパラニューク本人の体験が反映されているという(犯人は2001年に死刑判決を受けた)。

映画化に際しては、パラニューク自ら製作総指揮と脚色にあたる。監督にはアンディ・ミンゴが起用された。ミンゴは、パラニュークの短編「ロマンス(原題)」の短編映画化を手がけている。現在、パラニュークらは、米クラウドファンディングのキックスターターで製作費を募っている(www.kickstarter.com/projects/footsteps/chuck-palahniuks-lullaby)。

なお、以前から報じられていた「ファイト・クラブ」続編のグラフィックノベル「Fight Club 2」は、6月に米ダークホース・コミックスからの刊行を予定している。

ファイト・クラブ[Blu-ray/ブルーレイ] ファイト・クラブ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 『ゲーム』『セブン』のデイビッド・フィンチャー監督が描く衝撃のドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi