今井雅之さん一周忌に“遺作”公開、川平慈英「まーちゃん、できたよ映画!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月28日 > 今井雅之さん一周忌に“遺作”公開、川平慈英「まーちゃん、できたよ映画!」
メニュー

今井雅之さん一周忌に“遺作”公開、川平慈英「まーちゃん、できたよ映画!」

2016年5月28日 12:15

今井雅之さんの一周忌に“ファミリー”が結集「手をつないでかえろうよ シャングリラの向こうで」

今井雅之さんの一周忌に“ファミリー”が結集
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2015年5月に他界した俳優の今井雅之さんが原作・脚本・演出・主演を務めた舞台を映画化した「手をつないでかえろうよ シャングリラの向こうで」が5月28日、全国27スクリーンで公開された。主演の川平慈英をはじめ、共演のすみれ、七海、別所哲也奈良橋陽子監督らは、東京・お台場シネマメディアージュで舞台挨拶に立った。

今井さんが本作の製作に着手した昨年3月の映像が公開され、「夢はかなう。思い続ければ。やっとこの日を迎えることができました」とほほ笑む姿が映し出されると、奈良橋監督は目を真っ赤にして「彼はずっと一緒でした。ずっとみんなの中に生き続けると思います」と言葉を振り絞った。一方、川平は「最後の最後に主役を持っていきますね。やられました」とほほ笑み、「まーちゃん(今井)が言ったように夢はかなう。そのメッセージを感じていただければ。生きていく活力になれば嬉しいです」と客席に語りかけた。そして、サプライズで登場した他のキャストも含む“ファミリー”全員で手をつなぎ、今井さんへの思いを共有し合った。

また、この日が今井さんの一周忌ということもあり、川平は「まーちゃん、できたよ映画! This is for you」と天国の今井さんに呼びかけた。そして「まーちゃんの夢のかけらのひとつになれたこと、役者としてこの映画に参加できたこと誇りに思います。まーちゃんと僕らのゴッドマザーである奈良橋陽子さんがいなければ、僕はここにいない。雅之ファミリーのパッションと魂、奈良橋陽子の愛が詰まった映画です」と本作への思いを述べた。

さらに別所も「この間偶然、芝公園で女性に『別所さん!』って腕をつかまれて、振り返ったら雅之の奥さんで。『映画ありがとうございます』って言ってくださった。今日という日がきて本当によかった」とニッコリ。さらに友情出演した中居正広との共演シーンについても触れ「雅之が見ていたらダメ出しするだろうなっていうくらい、ちょっと強面な役でした」と懐かしそうに振り返った。

映画は、妻を守るために罪を犯してしまった軽度の知的障害を持つ男性・尊真人が、ヒッチハイカーの麗子と出会ったことをきっかけに、数奇な運命をたどってきた自身の人生を回想する姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi