森山未來&山田孝之「ドラクエ」呪文のイントネーションに衝撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月26日 > 森山未來&山田孝之「ドラクエ」呪文のイントネーションに衝撃
メニュー

森山未來&山田孝之「ドラクエ」呪文のイントネーションに衝撃

2016年5月26日 19:30

ボイスキャストを務めた 山田孝之、森山未來、武井咲

ボイスキャストを務めた
山田孝之、森山未來、武井咲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国民的人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」の完成披露発表会が5月26日、都内で行われ、ボイスキャストを務めた森山未來武井咲山田孝之、ゲームデザイナーの堀井雄二氏が出席した。

熱血漢の主人公ラゼル役の森山は、アフレコ風景を振り返り「『ルカナン』の発音が初めてわかって、衝撃的だった」と告白。ルカナンは関西弁の「嘘やん」と同じイントネーションのようで、「『リレミト』『マヒャド』も思っていた発音じゃないんですよ」と明かした。シリーズ生みの親・堀井氏直々の指導により、スタッフ陣も初めて知ったそうで、山田も「俺もそれ、衝撃だった」と同調していた。

さらにゲームキャラクターのアフレコに初挑戦した森山は、「ドラクエに関わることができるという喜びがありました。前作からレベルアップしているので、セリフ量が7、8倍に増えていて半端じゃなかった」と奮闘ぶりを明かす。キャラクターの印象を聞かれると、テレシア役の武井は、ツェザール王子役の山田に対し「ピッタリでしたね」。森山が「言いそうだもんね。『俺の美学が~』とか」と茶々を入れると、山田は「言わねーよ!」と体をのけぞらせて否定した。そんな様子に、堀井氏は「山田さんと森山さんはガッチガチのドラクエユーザー。武井さんは意外にも『いただきストリート』ユーザーで、それでキャラを知ってくれていた。この3人にやってもらえて、光栄でした」と満足気にほほ笑んでいた。

今作はシリーズ30周年を記念して制作され、この日の壇上には約2メートルのスライム型氷像が登場した。森山が「すごいですね。メラで溶かしたい」とつぶやくと、山田も「ちょっとずつね。寂しい気持ちになるだろうね」と同調。それでも山田は「ぜひ還暦くらいまで、『ドラクエ20』くらいまでいって欲しいですね」とエールを送り、堀井氏はファンに向け「30年間やってきて、(ドラクエの)誕生日をやってもらうのは初めて。続けてきてよかったなと思います。30年間、ありがとうございました。そしてこれからも、よろしくお願いします」と深々と頭を下げていた。

30周年記念作品「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」は、5月27日に発売。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi