「貞子vs伽椰子」の“前しょう戦”ぼっ発もデーモン閣下が制止 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月24日 > 「貞子vs伽椰子」の“前しょう戦”ぼっ発もデーモン閣下が制止
メニュー

「貞子vs伽椰子」の“前しょう戦”ぼっ発もデーモン閣下が制止

2016年5月24日 14:30

貞子と伽椰子にも大きな声援が飛んだ「貞子vs伽椰子」

貞子と伽椰子にも大きな声援が飛んだ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] Jホラーを代表する2大キャラクター、「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子が直接対決を果たす映画「貞子vs伽椰子」の完成記念イベントが5月23日に都内で開催され、出演者の山本美月玉城ティナ佐津川愛美に加えてメガホンを取った白石晃士監督が登壇した。イベントには、貞子、伽椰子とその息子俊雄、主題歌を担当した「聖飢魔II」のデーモン閣下も駆け付けた。

デーモン閣下の呼びかけに応じ、舞台奥から伽椰子と俊雄が現れると、舞台中央には井戸がせり上がり、貞子が井戸から這い出てくる。凝った演出に観客が歓声を上げるなか、貞子と伽椰子は取っ組み合いを演じ、デーモン閣下に「今日はそのくらいにしておきなさい」と制されていた。

貞子の呪いにかかった女子大生・有里を演じた山本は生の対決に「びっくりしました。楽しいです」と声を弾ませ「『リング』と『呪怨』両方に出られるなんてラッキー。(有里役は)監督が当て書きしてくださったのですが、こんなに性格よく見えているとは」と語って笑いを誘った。対照的に「俊雄くんが怖い……」と本人の登場におびえた様子の玉城は、劇中で伽椰子の標的になった女子高生・鈴花役に扮しているが「大きい声を出せるか不安だったので、“叫び”を勉強しました。新しいホラーになっているので、夏のイベントに楽しんでほしい」と呼びかけた。

「非常に面白いね」と作品の出来に太鼓判を押したデーモン閣下は、主題歌のオファーを受けた当時を振り返り「『締め切りは20日後。どうする?』と言われて(笑)。受けることにしたよ」と明かす。「制作からは『貞子と伽椰子をバランスよく』と言われた」とこだわりの歌詞についても言及した。

「オファーを受けた時『マジすか!』って席を立った。聖飢魔IIさんが主題歌をお引き受けいただいたと聞いた時も『マジすか!』と席を立った(笑)」と語った白石監督は「日本が誇るホラークイーンをがっつり衝突させています。お客さんの見たいものが見られると思います」と観客の期待をあおっていた。

なお、イベントでは映画の公式サイトで現在開催中の貞子と伽椰子の人気投票の罰ゲームの内容が発表され、勝者は初日の舞台挨拶に参加できるが、敗者は同日に都内でゴミ拾いをすることに。中間発表で貞子に競り負けている伽椰子は、大きく肩を落としていた。

貞子vs伽椰子」は、霊媒師の経蔵(安藤政信)が、有里と鈴花を呪いから救うべく、貞子と伽椰子を戦わせようとするさまを描く。6月18日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi