波瑠、民放連ドラ初主演 猟奇ミステリーで刑事役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月21日 > 波瑠、民放連ドラ初主演 猟奇ミステリーで刑事役
メニュー

波瑠、民放連ドラ初主演 猟奇ミステリーで刑事役

2016年5月21日 06:00

進め!比奈ちゃん「CUT」

進め!比奈ちゃん
[拡大画像]

[映画.com ニュース]NHK連続テレビ小説「あさが来た」で注目を集めた女優・波瑠が、猟奇犯罪ミステリー「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」で民放連続ドラマ初主演を果たす。驚異的記憶力を持つが、殺人犯への異常な探求心を秘めたキャラクターで刑事役に初挑戦する波瑠は、「皆さんに助けてもらいながら、自分なりに精一杯主演を務めようと思います。刑事役も初めての経験ですが、喜びも苦労も全部思いっきり味わいたいです!」と意欲を燃やしている。

警視庁刑事部捜査第一課に配属された新人刑事・藤堂比奈子は、母の形見である七味缶を肌身離さず持ち歩き、何にでも七味をかけて食べる変わり者。ある日、比奈子ら捜査班は自殺と思われる変死体の発見現場に向かうが、死体はある未解決殺人事件の容疑者の男で、容疑をかけられた事件と同じ手口で死亡していた。

原作は小説家・内藤了氏の同名シリーズ。第21回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞した「ON」をベースに、続編「CUT」「AID」「LEAK」やオリジナルストーリーを織り交ぜ、比奈子ら捜査班の活躍から人を殺す者と殺さない者の境界線を描く。

今回、「比奈子は、一見すると感情豊かですが、ある“心の闇”を抱えており、それを周りに気付かれないよう巧みに生きています。そんな二面性を持つ女性だからこそ、波瑠さんに演じていただけたらきっと面白い作品になると確信し、お願いさせていただきました」(河西秀幸プロデューサー)と白羽の矢が立った。

波瑠が演じる比奈子は、お守り代わりの七味缶など不思議な一面に加え、「人を殺す者と殺さない者の境界はどこにあるのか?」という疑問に執心するなど心に闇を抱えている。比奈子が興味を持つ理由は「ドラマの中で徐々に明らかになっていく」そうで、波瑠は「人の美しさだけではない、傷や苦しみ、怒りなどの感情も描かれていく作品になると思います。藤堂比奈子の歩む道がどんなものになるのか、皆さんに見届けていただけたら嬉しいです!」と語っている。

ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」は、7月から毎週火曜日午後10時にカンテレ・フジ系で放送。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi