阿部寛、初のカンヌ映画祭は「夢のような体験。一生忘れない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月21日 > 阿部寛、初のカンヌ映画祭は「夢のような体験。一生忘れない」
メニュー

阿部寛、初のカンヌ映画祭は「夢のような体験。一生忘れない」

2016年5月21日 16:00

カンヌ映画祭を振り返った阿部寛「海よりもまだ深く」

カンヌ映画祭を振り返った阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 是枝裕和監督の最新作「海よりもまだ深く」が5月21日、全国244館で封切られ、主演の阿部寛をはじめ、共演の真木よう子樹木希林が東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶を行った。本作は第69回カンヌ国際映画祭のある視点部門に出品され、現地時間の18日に上映されたばかり。阿部は「町中の活気がすごかった。夢のような体験でした。3日間があっという間だった。あの経験は一生忘れない」と感慨深げに振り返った。

カンヌでは、上映後に約7分間にわたってスタンディングオベーションが続いたという。阿部は「何よりもお客様と一緒に見れたことが嬉しい。日本とほぼ変わない反応が直に返ってきたので、大丈夫だと思った。だから最後のスタンディングオベーションは本当に嬉しかった」とほほ笑むも、「皆さんが(劇場内に)ずっといてくれたので、もっといたかったんですけど、樹木さんが『もう、いい加減帰りましょ』って。泣く泣く帰りました」と暴露。樹木は、「恥ずかしい。あれに耐えられる人はなかなかいない……いたわね」と阿部に視線を送って反撃していた。

この日は、カンヌ滞在中の是枝監督に代わって等身大パネルが登場し、音声コメントも流された。キャスト陣は「本当に優しい方。緊張感なく、迎え入れてくれる。カンヌでもものすごい人気で、是枝さんが歩いていると握手を求めてくる人がいた。みんなが是枝さんのことを大事にしていた」(阿部)、「いつも温かい目で見てくれているので、心地良い」(真木)、「カンヌの登場時には、『是枝』と紹介された瞬間、ものすごい拍手があがった。すごかった」(樹木)と口々に称賛していた。

映画は、作家として成功する夢を捨てられずにいる男・良多を主人公に、年老いた母、元妻、息子という一度はバラバラになった家族が、台風の夜に偶然集い、それぞれの思いが交錯するさまを描く。

是枝監督とは「歩いても 歩いても」「奇跡」に続き3度目のタッグとなる阿部は、自身の演じた良多という役に対して「是枝監督の作品でこんなにダメな男をやっていいのかなと思った」と不安を抱えていたことを明かす。これに対し、良多の母・淑子役の樹木は、良多と元妻・響子の関係性について触れ「親としては、この夫婦はもうちょっと辛抱できなかったものかと。うちの亭主と比較すると、(良多の方が)いいんじゃないかなあ」と夫・内田裕也を引き合いに出し、客席を笑わせた。

歩いても 歩いても[DVD] 歩いても 歩いても[DVD] 最安価格: ¥3,036 成人して家を離れた子供たちと老いた両親の夏の一日を辿った、是枝裕和監督が贈るホームドラマ!阿部寛、夏川結衣、YOU、樹木希林、原田芳雄ら豪華キャストたちが出演。
奇跡[Blu-ray/ブルーレイ] 奇跡[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,044 九州新幹線全線開業の朝、博多から南下する“つばめ”と、鹿児島から北上する“さくら”の一番列車がすれ違う瞬間に奇跡が起き願いが叶う─。噂を耳にした兄弟が、奇跡を起こして家族の絆を取り戻そうと奮闘する姿を描いたドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi