高畑裕太の“ガッツ石松風”演技にロバート秋山がキレる?「ヘイル、シーザー!」アフレコ特別予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月19日 > 高畑裕太の“ガッツ石松風”演技にロバート秋山がキレる?「ヘイル、シーザー!」アフレコ特別予告公開
メニュー

高畑裕太の“ガッツ石松風”演技にロバート秋山がキレる?「ヘイル、シーザー!」アフレコ特別予告公開

2016年5月19日 12:00

絶妙な掛け合いを披露「ヘイル、シーザー!」

絶妙な掛け合いを披露
(C) Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優・高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太とお笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次がアフレコを務めた「ヘイル、シーザー!」(公開中)の日本語吹き替え版予告編が、公開された。

ジョシュ・ブローリンジョージ・クルーニージョナ・ヒルスカーレット・ヨハンソンチャニング・テイタムら豪華キャストが顔をそろえた本作は、1950年代のハリウッドの製作スタジオを舞台に、“スタジオの何でも屋”エディ・マニックス(ブローリン)が、スタジオから誘拐された大スターのベアード・ウィットロック(クルーニー)の行方を追うさまを描く。

高畑と秋山は、なまりの抜けないアクション俳優ホビー・ドイル(オールデン・エアエンライク)と大物監督ローレンス・ローレンツ(レイフ・ファインズ)に扮し、ローレンツ監督がドイルのなまりを正そうと苦労する爆笑シーンに声を吹き込んでいる。西部劇で人気を博すドイルは、上流階級を描くドラマ劇に抜てきされるも、「なぜだかね」を「なんでだがに」と発音。ローレンツ監督は撮影を中断し、つきっきりでなまりを矯正しようとするが、一向に改善が見られないばかりか「やっべ、マジむずいなこれ」とおちゃらけた態度のドイルにいら立ちを募らせていく。

5月12日に開催されたアフレコイベントで「ガッツ石松さんを参考にした」と明かした高畑がユーモラスな演技を披露しているほか、秋山が「ふざけたねあなた!」と激昂するなど、ヒステリックなローレンツ監督に扮してコミカルな掛け合いを見せている。なお、予告編の最後には、すったもんだの揚げ句セリフが差し替えられるという“オチ”も付いており、メガホンを取ったジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督らしい笑いを誘う展開が描かれている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi