ハァハァ、ハァハァ…人気漫画を再映画化「彼岸島 デラックス」特報&ビジュアル披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月18日 > ハァハァ、ハァハァ…人気漫画を再映画化「彼岸島 デラックス」特報&ビジュアル披露
メニュー

ハァハァ、ハァハァ…人気漫画を再映画化「彼岸島 デラックス」特報&ビジュアル披露

2016年5月18日 07:00

「彼岸島 デラックス」は10月15日公開「彼岸島」

「彼岸島 デラックス」は10月15日公開
(C)2016「彼岸島」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松本光司氏の人気漫画「彼岸島」を新たに映画化した「彼岸島 デラックス」が10月15日に公開されることが決定し、あわせて特報と第1弾ビジュアルがお披露目された。登場人物たちの息づかいを表現し、原作に1万回以上登場する擬音「ハァハァ」で埋め尽くされた、ファン必見の仕上がりとなっている。

シリーズ累計発行部数700万部を突破した人気コミックが原作。吸血鬼がはびこる孤島を舞台にしたサバイバルホラーが好評を博し、これまで2009年に映画化、13年にテレビドラマ化されている。「彼岸島 デラックス」はドラマ版を映画化したもので、引き続き「仮面ライダーウィザード」の白石隼也と「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」の鈴木亮平が主人公・宮本兄弟役を演じる。

今作で描かれるのは、原作中盤のターニングポイントとなる宮本明(白石)、宮本篤(鈴木)の兄弟対決だ。ビジュアルには松本氏描き下ろしの「ハァハァ」のほか、「ラスボスは兄。」というコピーが添えられており、壮絶な決闘を予感させる。

また、「邪鬼(オニ)」と呼ばれるモンスターの造形も作品の魅力のひとつ。特報映像でもシリーズ屈指の人気邪鬼「姫」が姿を現し、巨大な顔をしかめてみせる。表情や筋肉の動きなど細部にまでこだわり抜いた邪鬼たちが、最先端CGにより再現されている。

彼岸島 デラックス」は、「猫侍 南の島へ行く」の渡辺武監督がメガホンをとり、「奴隷区 僕と23人の奴隷」の佐藤佐吉伊藤秀裕が共同脚本を手がけている。10月15日から全国で公開。

劇場版「猫侍 南の島へ行く」【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 劇場版「猫侍 南の島へ行く」【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,506 北村一輝主演で、強面の浪人が愛らしい白猫に萌える姿が人気の時代劇コメディ「猫侍」シリーズの劇場版第2作。
奴隷区 僕と23人の奴隷[DVD] 奴隷区 僕と23人の奴隷[DVD] 最安価格: ¥3,791 岡田伸一による原作コミック『奴隷区 僕と23人の奴隷』が映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi