「高台家の人々」6月にdTVドラマ化 小松菜奈&間宮祥太朗で映画の30年前描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月18日 > 「高台家の人々」6月にdTVドラマ化 小松菜奈&間宮祥太朗で映画の30年前描く
メニュー

「高台家の人々」6月にdTVドラマ化 小松菜奈&間宮祥太朗で映画の30年前描く

2016年5月18日 19:30

スポ根少女と王子の恋物語「高台家の人々」

スポ根少女と王子の恋物語
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気ラブコメディ漫画「高台家の人々」が、綾瀬はるか斎藤工共演による映画化に続き、動画配信サービス「dTV」でドラマ化されることが決定した。間宮祥太朗斎藤工が映画から続投するほか、小松菜奈がオリジナルキャストとして出演し、映画では描かれないエピソードを映像化する。

原作は、「ごくせん」「デカワンコ」で知られる森本梢子氏が手がけ、2015年の「NEXT ブレイク漫画 RANKING BEST50」で1位に輝いた注目作。妄想好きの地味OL木絵と、人の心を読む能力を持った高台家長男・光正の恋愛模様を描く。ドラマ版の物語は、映画から30年前、光正の両親である母・由布子と父・茂正Jr. (マサオ)の学生時代の恋がテーマだ。

名門私立大学の女子大生・由布子。友人・奈緒とオックスフォードからの編入生・マサオの恋を祝福するが、マサオの浮気が原因で破局。仲を取り持ち復縁させるが、結局1週間でダメになってしまう。その直後、マサオが自分に告白したことから、由布子は怒りを爆発させる。

小松は、映画で大地真央が演じた由布子のスポ根少女時代に挑むにあたり、「コミックの実写化はやっぱり難しい部分もありますし、今回は特に映画の世界観もあるのでそこも大事にしつつ、由布子さんマサオさんが出会った頃を想像しながら楽しみたいです!」と意欲十分。そして「相談しながら現場での2人の空気感や世界観を感じながら演じられたらいいなと思います」と話しており、間宮と生み出す世界観に期待が高まる。

一方の間宮は、映画版では高台家の次男・和正を演じているが、今回は市村正親扮する茂正Jr.の学生時代という異なる役どころに挑戦。「本編で市村さんが演じてらっしゃる役なので、出来るだけ若い頃に似てるようにと意識をしながら、そして、市村さんが作った底抜けに明るくて真っ直ぐでみんなに愛して貰えるキャラクターに近づこうと思います!」と意気込んでいる。

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」は、6月に配信(http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004387)。映画「高台家の人々」は、6月4日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi